271_6
オフィシャルHPはこちら
女の子詳細はこちら


稀勢の里が、優勝した。

あまりのドラマチックぶりに、テレビを見ていてここウン年くらいで一番デカい声が出た。出したんじゃない、出てしまったんです。


13日目、日馬富士戦での怪我。誰しもがああ今場所は終わった、復帰はできるのだろうか、どの程度の怪我なのだろうかと、未来の方向へ目が向いていた。

しかし稀勢の里は出た。親方に止められながらも、自らで決断しての強行出場だ。
休場しなかったことの是非はともかくとして。

14日目、鶴竜との一番を見て、やはりダメだと思った。ほとんど何も出来ないまま、一気に寄り切られた。
横綱昇進後初めての場所、そこで休場せずに無理を通すのは横綱としては正しいし美しいかもしれない。ただ、こんな相撲を取るくらいなら次場所に向けてキッチリ治した方がいいし、何の意味もない。

しかし千秋楽、稀勢の里はそこに意味を証明した。
勢いに乗っている照ノ富士に、見事本割で土をつけた。優勝決定戦の勝敗などはどうでもいい、そこへ持ち込んだ時点で稀勢の里は偉大な横綱になったのだ。

勝ったらいいなとは思うが9割9分難しいだろう、でも勝って欲しい――というグルグルとした考えが渦巻く中、決定戦は始まろうとしていた。

土俵際へ追い詰められての小手投げ。大逆転。

思い出したのは、貴乃花と武蔵丸の伝説の一番だった。

半月板を傷めながらの、優勝決定戦による感動的な勝負。当時の首相・小泉純一郎が総理大臣杯を授ける際に放った「痛みに耐えてよく頑張った。感動した!」というフレーズは流行語にもなった。

あの貴乃花も本割では負けていたのだ。
今回、稀勢の里は怪我にも関わらず、本割・決定戦の2連勝という偉業を成し遂げた。

稀勢の里は大相撲の歴史に大きな1ページを刻んだ。
おめでとう、稀勢の里。ありがとう、稀勢の里。

まあ貴乃花に重ねて見てしまうと、その後が不安すぎるのではあるが……。
いやーしかし、感慨深すぎる。初優勝のときもそうだったが、二場所連続優勝するとは、もう涙腺爆発しそう。

2ちゃんのスレタイが「【こんな豚】稀勢の里☆130【俺でも勝てる】」だった頃を思い出すと、更に感慨深すぎて泣ける。
1490702007443


==========(ここから本題)==========


遊んだのは【池袋北口、未経験多数在籍の即即プレイ専門店「どうしても、欲しいの」】。長いので以下「どうしても、欲しいの」で統一する。
image
こんな一言、女の子に言われてみて~。いわゆる即プレイ店ですね。

池袋駅北口を出て、受付へと向かう。
今回は75分20,500円!!
(内訳:プレイ料金75分16,500円+入会金2,000円+指名料2,000円)

実はもっといかつい割引があるので、初めての方はこちらを使うことをお勧めする。

店員さんから遊び方の説明を受け、お金を支払ったらイソジンとグリンスと電マを渡される
さらに「希望発射回数・責め受けの割合・下着着用の有無」をアンケートで聞かれるので、サラサラっと回答。ちなみに俺は「1回・半々・ノーパンノーブラ」を希望しました。

この日はなんだかどこのホテルも混んでるようだったので、受付から少し離れたスカイロードを利用した。135分3,000円。プラスの15分を何に使うかは貴方次第。受付でアメニティの入ったカゴを渡されます。
S__4964355

ホテルに入室し部屋番号をお店に伝えたら、そのままひとりでシャワーへ。

丁寧に洗いすぎてその摩擦で暴発しそうになりながら、シャワーから出て10分ほど待った頃だろうか。コンコンというノックの音。

ドアを開けると、アイマスクをつけた【あかり】ちゃんが立っていた。目隠しなのでかんばせは分からないが、ギャルっぽい雰囲気で美人さんのようだ。
今現在の時点で、月間指名ランキング2位ですからね。そりゃ間違いないわ。
1490756278606

マジで見えないっぽいので、手を引いて部屋の中へ引き入れる。
お仕事バッグを受け取り、コートを脱がせてあげると、服越しでも分かる大きな膨らみ。プロフにはEカップって書いてたけど、相違ないでしょう。


即キス。

ぽってりしたプルプル唇に軽くキスし、ゆっくりとついばむように吸い合う。
唇を舌でこじ開け、徐々に大人なディープキス。

チロチロ系ではなく、舌全体をにゅるんにゅるんと絡ませ合う濃厚なやーつ。
ほんのり甘い唾液を味わっていると、まるで媚薬でも含まれてるかのように、タオルの中のムスコがむくむくと盛り上がってきた。身体に押し付けられたチンポに反応してかどうか分からないが、彼女の息遣いも荒くなってきた。

キスをしながらおっぱいにも手をかける。
ノーブラ指定をしていたので、柔らかな感触と、手のひらにポチッとした乳首が当たる。

右手でおっぱいを揉み、左手でスカートをたくし上げて尻を揉む。こちらもノーパン指定なので、寒空で少し冷たくなったぷるぷるヒップの感触が直に伝わってくる。
BlogPaint

もう俺の興奮度は冷めやらないので、とりあえず愛撫とキスを一旦中断して、彼女の衣服を丁寧に脱がしてあげる。

おっぱいはツンとした釣鐘型で、マン毛は生やしっぱなしのナチュラルスタイル。
ビューティフル。

服を軽く畳んであげて脇に置いたら、そのまま再度キスをしながら押し倒すようにベッドへとなだれ込む。


首筋→耳→キス→首筋と順番に下を這わせていくと、「んっ」と息を荒げながら、彼女の表情が悩ましげに紅潮してきた。

あっこの子スケベだ。スケベ初段を認定します。
「んっ……くっ……」と恥ずかしそうに、吐息が漏れる。
こういう素人っぽい反応、最高に興奮する!!!!

キスをしながら、指を滑らせ、乳首をチョンとご挨拶程度につつく。

「んんんっ!!」

めちゃくちゃいいリアクションするじゃないの!
せっかくアイマスクつけてるんだから「次は何をされるんだろう」という興奮を与えないとね。
ちゅか、乳首こりっこりに硬くなってる! エッロっっ!!

仰向け状態でもツンと上を向いた美乳。小さくも大きくもない勃起乳首へ、次の矛先を向けようじゃないか。

乳首の周りから舐めて焦らし、先端、横部分をねっと~りと舐めていく。
ねっとりゆーっくり、と思ったら急に激しく吸ったりと、元オリックスの星◯伸之のように緩急をつけて。
「ああっ、んっ……乳首だめッッ……///」


そろそろ本丸へ。まずはフェザーで太ももや周りをさわさわと焦らすように。
その度にビクンと反応するのが愛おしい。

さんざっぱら焦らしまくった所で、いざ。
軽く指先でワレメへと触れてみる。

べっっちょべっちょん。
BlogPaint

剛毛までいかないくらいのマン毛をかき分け、おまんこの上についてるお豆さんをピンッと弾くと、「んんッ!」と感じながら身体が跳ねる。

舌を伸ばし、鼻息荒くぱっくりオマンコに顔を近づける。
俺のぬるい鼻息がオマンコにあたるのか切ない表情だ。

おもむろにワレメちゃんへ吸い付き、時折クリを舌全体で舐めあげる。
ちょっと塩気混じりだが無臭のマン汁、もっと、もっとくれ! とどめをハデにくれ!!

「ああ、クリ弱いの……気持ちいい……」


ビクビクンンと大変良い反応をするので、Sっ気を刺激される。
クンニはそこそこにして、またも乳首舐めへとシフト――してからの、電マ攻撃!!

ヴィィィィ~~~~ン。

クンニの時からさらに声のボリュームが1トーン、いや2トーンは上がってよがるよがる。
クリが本当に弱いようなので、両乳首を舐めながらクリへの電マ集中攻撃。強い刺激は苦手な子もいるので、ちゃんと確認しましょうね。

「ああああ! ダメダメ、イク、イっちゃう~~~~~!!!!」

ビクビクン。

息も絶え絶えで、AV女優さながらに身体を細かく震わせながら絶頂。
文明(電マ)と人力(乳首舐め)のコラボレーション、これに勝る方法はないな!


体勢を逆にし、攻守交代。
このタイミングでアイマスクを外してあげるが、おーー美人さん!
「なんか照れますね…笑」と微笑む顔が、爆乳ヤンキーでおなじみ手◯優に似ている。
BlogPaint
本人は「友達には、ギャル◯根に似てるって言われる」と申しておりました。
BlogPaint

まずはリップから。
乳首をペチョリペチョリと、こちらを上目遣いで見ながら一生懸命舐めてくれる。
チュプチュプと、まるで赤ちゃんのように一心不乱。

乳首大好きおじさんとしては、もう願ったり叶ったり。
そういえば汁男優の人で、乳首舐められただけで射精しちゃうって人がいたけど、アソコまでの域になったら逆に大変そうだな……。

乳首を舐められながらタマタマを転がされ、あえなく昇天するところだったが、そんな俺の限界に気付いたのか「ふふ、硬くなってるぅぅ~……♪」と言いながら小さいお口に頬張ってくれる。

ジュポジュポという音を立てながら亀頭を重点的に責め立てられ、なんともいやらしい。その間も空いてるお手々で乳首やら玉をいじってくれるのがサービス満点。

フェラしながら乳首も触ってくれる?とお願いすると、嫌な顔ひとつせず、むしろ嬉しそうに応えてくれる。
めっちゃいい子。
C5__L0RU4AEtSdY


さて、そろそろ準備も万端なので最終形態へ。

騎素→正。

唾液とマン汁でトロットロ。
ズリュッズリュッと、ワレメちゃんとチンポが擦れ合い、最高に淫靡な光景が。

「んんっ、クリ気持ちいい……///」

あかりちゃんの天然ローションが俺のチンポに染み渡ってくる~!
今俺のチンポはあかりちゃんのマン汁味ですよ! しゃぶりたい人寄っといで!(集客ゼロ)

騎乗位があまり得意じゃないようなので、何度か事故りかける。

「あかりちゃん、やばいよ。事故りそうだったよ笑」
「ごめんね、あんまり上手じゃなくて……。そうなったら大変だから……ね?

BlogPaint

サー!イエッサー!
アレをアレに蒸着して、体勢を正常位に変更。

おっぱいを両手で揉みしだきながら、ラストスパートの腰振り運動。

美人な顔を歪ませながら「キスして……!」とせがまれる。

あかりちゃん、スケベすぎか。そんな要望ならなんぼでも聞きまっせ!!

「ああー! あかりちゃん、もう出ちゃいそうだよ……!」


パンパンパンパンパン!!

グッドリズム!! グ――――ッドウィドゥム!!

201501271700027cf


ふう。



出た出た。
時間ギリギリだったので、やばいやばい~とか言いながら二人慌てて、笑いながらシャワーへ。
部屋を出る時に「んっ」と唇を突き出して、お別れのキスを求めるのもかわいすぎる。
あかりん、また会いたいよ…………(あかりん言うな)。

・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

271_7



射精勢い度(五段瓦評価) : 5
tile5a


※上の瓦は5段階評価をつけてます。そして瓦5個目が割れることも……(ヒビが入ると4.5)。それが何を意味するのかはみなさんのご想像にお任せします。 ですがプレイ内容等は主観で感じたもので、事実のみを書いています。 その点だけご了承して頂ければ幸いです。

※遊びに行った際、お店で「体験ブログ見た」と言って頂いてる神様のような読者様へ。ありがとうございます。その一言が、もっと多くの瓦割り娘のご紹介に繋がりますのでよろしくお願いします。
 
フーゾクDXはこちら♪