00346317_girlsimage_01

オフィシャルHPはこちら
女の子詳細はこちら


お盆前、最後の更新です。
今年はアジア某所に行く予定ですが、同行者がいるため夜遊びはそんなにしない(できない)んじゃないかな。美味いメシと美味い酒と、異国の風景を楽しんできます。

本当はアメリカやオーストラリア、ヨーロッパあたりも検討してたんですが、やっぱこの時期は航空券が高いですな。国内も激高。小笠原にダイビング行きたかったなーー。

家庭がある方は家族サービスメインで、なかなか遠方に行くのも難しいでしょうが、空き時間にサクッと遊べるのが風俗のいいトコロ。よう知らんけど、ちょっと買い物行ってくるつって2,3時間空けるくらいはできるでしょ?

さらに今回は激安。少ないお小遣いでもやりくりすれば遊べる【実録!熟女の風俗最終章町田店】で遊んできたぞ。旅行前で懐寂しいので、これはありがたい(じゃあ行くなよ)。

image

80分で11,995円!!!! 価格破壊!!!

町田駅に到着。
あまり馴染みのない土地なんだよな。毎年、町田に住んでる人の家で新年会をするとき以外、マジで風俗でしか来ないのよね。

あれでしょ? 神奈川県民扱いしたら蛇蝎のごとく嫌われて、米軍に頼み込んでボコってもらうような人たちでしょ? やーねえ、これだから東京都下の人って野蛮で……(ヘイト丸出し発言)。

冗談はさておき、ホテルへと向かう。
町田で風俗遊びをするときはレンタルルーム利用が多かったのだが(ホテルもあるが、ちと離れたところが多い)、最近は街のど真ん中に新しいホテルができたので助かる。広くはないけど、キレイだし、何より値段も良心的。

ホテルマンゴスチンへ入室。120分3,200円です。

ブログ用_190807_0085

今回空きがなかったので一番グレードの低い、シャワーのみの部屋を選択。まあでも風俗で遊ぶなら、このくらいでも充分よね。レンタルルームとラブホの間くらいって感じ。

お店に到着連絡をし、シャワーを浴びて待つよう促されたので従う。
身体を拭いていたところでコンコンというノックが。早い! まだ5分も経ってないよ!

濡れ鼠で股間だけタオルで隠して、慌ててドアをオープン。

「こんにちわ~さかえです。ごめんなさい、シャワー浴びてる最中でした!?」
「大丈夫、もうちょい時間掛かると思ってたからのんびり浴びてた笑」

こんな状態でも嫌な顔ひとつせず、むしろ気遣って笑顔で対応してくれるいい人。
年齢はプロフィールより少し下くらいに見える。スタイルはまあ、ふくよかな感じですよ。

「えっ、若ーい! 私で大丈夫ですか!?」
「大丈夫どころか、期待通りですよ!!」
「よかった! 前に30半ばくらいのお客さんから『若すぎない? 本当に50歳? 俺と同じくらいに見えるんだけど』って言われて、そっから一応聞くようにしてるんですよ~」

なるほど、熟女店だとそういうのがあるんだな。20代の子指名したらどう見ても40代が来てがっくり、みたいのはよくある話だけど、まさかその逆パターンもあるのか。ていうか、さかえさん若々しいとはいえ30代には……。お客さん目腐ってたのかな?

「わたし去年くらいに働き始めたんですけど、こういうお仕事初めてだったんですよ」
「すごい!勇気いったでしょ?」
「ちょっと諸事情でお金が必要になって(※内容も聞いたが割愛)。だから貯まったら辞めようと最初は思ってたんだけど、なんか楽しくなってきたので続けるかも笑」

元々そんなに男性経験も無いそうで、ましてや素股なんて知りようがないよね。初出勤初仕事時のお客さんに、めちゃくちゃ講習してもらったそうです笑。いいお客さんに付いてよかったね。


とまれ、俺は先にシャワー浴びてたので、彼女がシャワーへ。

脱衣すると、うん、カラダは年齢なりに多少崩れてはいるが、リアルな肉質感が興奮する人はいそう。おっぱいは結構大きい。Dくらいだろうか。マン毛はまあ多すぎず少なすぎずの平均的な量。

部屋を暗めにしてプレイスタート。
「じゃあ私から責めていい?」
「もちろん。責め好きなの?」
「このお仕事始めるまでは完全受身だったんだけど、責める楽しさに気づいちゃった♥」

じゃあ、最初はなすがままでお任せしよう( ´ ▽ ` )


キスから首筋、そして乳首へ移動。
舌全体でゆ~っくりと舐めたと思ったら、甘噛したり吸いながら先っちょをチロチロしたりと、とんでもなく気持ち良いリップをしてくれる。

奥さま店ならではの、ねっとりとした濃厚リップ。乳首が溶けてなくなるかと思った。
プライベートではほぼマグロだったらしいので、ここまでよく成長したものよ……ウンウン。

乳首を舐めながら、太ももや玉にも手を掛けてきて、もうお手本通りの責めっぷりよ。この2点以上の同時攻めというのは、女子にも有効なので覚えておこう。

両方の乳首を丹念に責められ、ワキや太ももなどを丁寧にリップ。そしてすっかりいきり立った怒張を優しく握りしめ、いざフェラチオ。いざ鎌倉。

先っちょをチロチロっと舐め、玉から亀頭までをやさーしく舐めてくれる。
こういう丁寧なフェラチオ、嫌いじゃないよ。嘘。本当は大好きです!!!

足の間にひざまずいてフェラチオをしながら、時折こちらを見上げてくるのが、何ともS心を刺激される。ご奉仕タイプなんだろうね。

チングリをされベロンベロンとアナルも舐め上げ、全身トロントロンになったところへ、チンポを先っちょから根本までへと深く咥え込み、時折亀頭周辺を重点的にじゅっぽんじゅっぽんとやってくれる。

やっべ、これ、やっべえぞ。

BlogPaint

こちらが気持ちいい声を上げると、心底嬉しそうな笑顔でこちらを見つめてくる。
あー熟女の包まれるような心地よさ、こりゃハマる人の気持ちも分かるわ。


攻守交代。

彼女をハグし、体温を感じていたら俺のチンポが少しずつムクリムクリと。

もう辛抱たまらんくなったんで抱き合いながら軽くキス。そこから上へ覆いかぶさり、半開きになった彼女の柔らかい唇へ舌を侵入させていく。

彼女も応え、ニュルンニュルンの濃厚ディープ。

からの~首筋→耳→おっぱいへのリップ攻撃。

左胸をもみ、たまに指で弾きながら右乳首をベロンベロンっと。

「んんっ、そこ……」

弾力のあるちょうどいい塩梅の乳房を揉みしだきながら、ぺろぺろ~と舐めていく。きゅきゅきゅっと乳首が収縮し、固くなっていくのが分かる。

重点的に乳首責めをしながら、内ももや脇腹を爪でなぞるように焦らし続けていく。

「んん、気持ちい……」


と、身体をもぞもぞさせながら快感に喘ぐ。
早く触ってほしいのか~~~い?

というわけで本丸・オマンコへ手を伸ばす。

あーあ、お股がびっちょびちょやないの。
軽く指を入れてみると、きっつーい締まり方。50代とはいえ、まだまだ身体はオンナね。

BlogPaint

「さかえさん、すっごい濡れてますよ…」
「いや、恥ずかしい……」


陰毛もほどほど、普通サイズのクリ、ビラビラ少なめの熟女オマンコ。

さて、充血してヒクヒクしているここのお味は…と。

ぺろんっ。
ぺろっぺろっ。

ちょいと塩気のある、夏のオマンコ。
ぼくはオマンコの味で四季を感じています。

マンコ全体を舐め上げ、たまーに舌先でクリをツンツンと。
「ああぁ~それ、それだめェ~ 気持ちいい……!」

S__18776066

いつの間にか声のボリュームはかなり大きくなっている。

「あっ、ダメダメ、イク、イっちゃ……うっ!!!」

ビクンビクククン。

めちゃくちゃ気持ちよかったようで、絶対また来て~と懇願されました笑。
ドスケベの扉、風俗嬢になって開いてしまったようですな!!


素股の体勢へ。
むき出しのモノを、密着度高めで彼女のオマンコへ近付けていく。

正→騎→後。

ヌメヌメとした肉厚オマンコの感触が、俺のチンポを包み込んでいく。うわー、超気持ちいいんですけど!?

快感の渦が押し寄せてきて、俺の腰つきも徐々にヒートアップ。

「ああああぁ! すごい、気持ちいい!」
「あああ~~ もっとぉぉぉ~!」


お互いのエロゲージが最高潮に達してきたので、廊下に響くかも――なんてことは一切考えず、大声を出しながらあえぐあえぐ。

バックに体勢を変更して、やわらかでぷりんぷりんのお尻を鷲掴みながら、高速で腰を振り続ける。




「あっあっ! またイきそう……!」
「俺もイ……クッ……!」






パンパンパンパンパン!!

グッドリズム!! グ――――ッドウィドゥム!!

201501271700027cf





ふう。
そのままビュルっと発射。

「すっごい、気持ちよかった……こういうお客さんばっかりなら最高なのに~笑」

シャワー浴び終えて、さかえさんの恋バナトークを肴に一服。
好きな人には振り向いてもらえず、そうじゃない人からアプローチされる人生、なかなか切ないものがありますね……。

・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

00346317_girlsimage_02




射精勢い度(五段瓦評価) : 5
tile5a


※上の瓦は5段階評価をつけてます。そして瓦5個目が割れることも……(ヒビが入ると4.5)。それが何を意味するのかはみなさんのご想像にお任せします。 ですがプレイ内容等は主観で感じたもので、事実のみを書いています。 その点だけご了承して頂ければ幸いです。

※遊びに行った際、お店で「体験ブログ見た」と言って頂いてる神様のような読者様へ。ありがとうございます。その一言が、もっと多くの瓦割り娘のご紹介に繋がりますのでよろしくお願いします。
 
フーゾクDXはこちら♪