00326670_girlsimage_01
オフィシャルHPはこちら
女の子詳細はこちら


書くことが思い付かないときは過去の自分を切り売るスタイルなので、バイト話の続きをしようと思う。

コンビニバイトを辞めた後、引越し先近所に宅配寿司屋ができ、そこのオープニングスタッフとして働き始めた。副店長が元オ○カーでマネージャー業をやってた人で、青○典子の悪口を散々聞かされて面白かった。

当時はスマホなんてものは無いから、事務所にあるでっかい地図を確認して記憶して配達先に向かっていた。初日、完全に迷子になってご迷惑をかけたが、配達先の老夫婦は文句ひとつ言わずのいい人で助かった。完全に寿司寄っちゃってたけど。

夜はそれなりに忙しいが、平日昼間は注文も少なくやることがない。皆さんにも経験あると思うが、ポストにチラシが入ってることがあるでしょう。そう、仕事がないときはチラシのポスティングをしています。

とは言え俺はクズっぷりを発揮していたので、400枚くらい持って店を出て、自宅にどさっとチラシ置いて3時間くらい潰して戻る――みたいなことやってましたね。そのうち同じバイト先のクズと、ポスティング行くフリしてウイイレやってた。一度もバレなかったし、賄いも寿司食えて最高だったな。

宅配寿司屋の繁忙期は年末年始だ。この時期は地獄という噂を聞いていたので、帰省する体にしてシフト表スカスカで出したらメールでめっちゃ怒られた。「再提出か、このままで行くつもりならクビ」と来てたので、そのままバックれました(そのクセ、働いた分の給料はきっちり請求する)。忙しいくせに時給20円しか上がらないんよ? 時間いっぱい働くとかやってらんない!(バイトってそういうものでは)


思い出話終了。まだ続きます。
さて、今回は蒲田にある【ウルトラセレブリティ】で遊んできた。

image

70分総額21,000円。
(※70分19,000+入会金2,000+写真指名0)

時間帯によって値段が変動するので要注意。


蒲田と言えば、一時期「文学フリマ(通称文フリ)」は蒲田駅にある展示場・PiOで開催されていたので、それなりに馴染みのある場所だ。今でも同人誌のオンリーなんかが開催されている。

蒲田駅を降り、受付のあるビルへと向かう。中は複数店舗の受付があるが、本店は入って正面。
優しそうな店員さんに諸々説明を受けて、料金を支払う。

そして入ったホテルは、受付から10分程度歩いたところにあるビラセンメイ。ショートタイム3Hで4,200円だったかな。部屋によって値段は変わります。綺麗で良いホテルよ。

ブログ用_181029_0167

一服して歯を磨いて待つこと10分ほど。
到着したようだ。

ガチャリ。
「こんにちは~美優です。よろしくお願いします♥」
「えーめっちゃイケメンじゃん、超緊張するんだけど」

そんなに褒めても何も出ませんよ。出るのはザー汁だけってな、ダハハ!


とまれ、ソファに腰掛けてもらい談笑。
話している最中も、ずーっと俺の手を握りながらなのがGood。こういう細かい所作で、恋人気分なりドキドキ感が増幅されるんスよね。

美優さん、大変スレンダーで美人。カワイイというよりかは、キレイ系ですね。
少し面長な美人、というところでAV女優の森沢かな(飯岡かなこ)さんに似てらっしゃる。

BlogPaint

お互いの容姿を褒め合うという謎の時間(?)を経て、とりまシャワーへ。

「わたし、胸小さいからあんま見ないでよ~」と、部屋を暗くして恥じらう姿が何ともいじらしい。まあガン見しますけどね!!! どうせシャワー一緒に入ったら明るいし!

彼女の言う通りおっぱいはBカップくらいと小さめ。乳首はピンク色で綺麗なので、別に巨乳好きではない俺としては全然問題なし。そして何より、くびれの付いた美しい曲線美を描くボディ……。下は処理してないようでしたが、濃すぎず薄すぎずのナチュラルな状態。

シャワーで洗ってもらいながらおしゃべり。これ以外にも仕事を掛け持ちしてるそうで、なかなか忙しそう。

「美優ちゃんはどこが弱いの?」
「一番はおっぱいだけど、気持ちよくなってきたら全身敏感になっちゃうかも///」

インプット完了。
お店プロフにも書いてたけど、基本受身タイプのようなのでたっぷり責めさせていただこうかしらね。


シャワーを終えて、ベッドへ。
まだ緊張する~とか言ってるので、俺まで緊張してきたよ。

彼女のエロスイッチを入れることに専念しよう。

ベッドに横たわる彼女の頭をふんわり撫でながら、軽く唇を重ねていく。チュッチュと恋人同士のような軽いキスを続けながら、耳元や首筋をなぞるように触れていき、徐々にそのまま舌を絡めていく。

応えるように彼女も舌を出してきて、濃厚なディープキスを堪能していく。敏感な部分へのフェザーを続けながらキスしていくと、彼女のスケベギアも1速くらいに入ったのか、時折悩ましげな吐息が漏れてくるようになってきた。

お互いの口周りがべショベショに唾液で汚れてしまうようなDKを続けながら、身体に巻かれていたバスタオルを優しくほどき、微乳ちゃんに手を掛けていく。

そして指先で軽く乳首に触れてあげると、「んっ」と快感の声が。

よーし、今日はおじさんたっぷり攻め上げちゃうぞ。

キスを切り上げ、首筋からおっぱい方面へとリップ。
ちっぱいを包み込むように揉みながら、焦らすように乳輪周りをぐるんぐるんと舐め回す。

たっぷり焦らしが完了したところで、やっとこさ彼女の乳頭をペロリと。

「んんんっ……」

キレイな乳首が徐々にツンと上向きになってきた。

「美優ちゃん、おっぱい弱いって本当だったんだね」
「嘘つかないよ~~アアっん」
「じゃあ沢山おっぱい舐めるね」
「意地悪ぅぅ~~~!」

お姉さま系の雰囲気を醸し出しているが、皮をむけばそこにはドMのオンナが居た。

左右乳首を交互に舐める→繰り返しつつ今度は空いた方の乳首を指で同時責め→さらに繰り返しつつ脇腹や太ももなどを焦らすようにフェザータッチ。

上記が俺の攻め方となっております。もっと効果的な焦らし方があれば、俺っちに教えてくれよな!
いきなりオマンコにかぶりつきたい気持ちも分かるが、ゆっくりと発情させたほうが効果的な場合もある。

BlogPaint

おっぱい舐めから、先程フェザーで責めていた所を今度は舌で後追いしていく。
脇腹、太ももをハムハムと。

さて、肝心のおまんちょすはどうなってますでしょうかね。
グイッと大股開きにさせようとすると、

「恥ずかしいからダメ……」

と、固く締めつつ手で隠してくる。美優ちゃん、そんなことされたら逆効果だよ! 余計に見たり触ったり舐めたくなっちゃったもん!


強めの力でM字開脚にさせると、顔を覆いながら恥ずかしがる。
暗がりで様子が分からないので、軽く人差し指でワレメへ触れてみる。

びっちょびちょのぬっるぬる。

今年出会った女性の中で1,2を争うほど濡れてたかもしれない。マン汁オブ・ザ・イヤー2018、堂々ノミネートです!(たぶん絶対に嬉しくないと思う)

「美優ちゃんめっちゃ濡れてるんだけど(半笑いで)」
「もーうううう言わないでよ! お兄さん上手なんだもんっ」

えへへ(´∀`∩)

アナル通り越えて、シーツに染みが出来るほどにジュースが漏れちゃっている。美優ちゃんのマン汁水道管、完全にバカになっちゃってるな。

ぺろんとすくい取るように、ワレメちゃんをクンニ。ペロペロしてるうちに彼女の嬌声がさらにボリュームアップしてきたので、徐々にクリ中心の責めへと移行していく。

ぬるぬるしすぎて、どこがクリトリスか分からないという謎状況に置かれたので、土手あたりを軽く引っ張り、クリトリスを露呈させて優しく舌先でつっついていく。

「ダメ、そこほんっとにダメ……ェェッ!」

と口では言いつつも、さらにマン汁を分泌させながらよがり狂っているので、中指を彼女の膣内に挿入しナカ・クリの同時攻めへ。ダメって言われたら、絶対にやりたくなっちゃうのが俺なんだよ!(過去それで何度も失敗してきた経験あり)

DqBhz0IU8AAAIku

キツすぎずユルすぎずのゆるふわオマンコをクイクイッと責めつつ、舌はクリトリス、空いた左手で乳首をさわさわというドスケベ三所攻め。

彼女の絶叫にも似た喘ぎが響き渡るが、絶頂までは導けそうもないのでここらで切り上げる。俺の手マン筋も限界になってきたしな。


ハァハァと余韻に浸る彼女にバレないよう、マン汁まみれの口元を布団で拭きつつ、軽くキスをして横に並ぶ。

「久ッ々にこんな気持ちよくなっちゃったかもしれない……///」

本当か嘘かは確かめようがないが、その一言を頂けるのは男冥利に尽きるってモンよ。

嬉しすぎてチューしたら、今度は彼女が上になって責めてくれるようだ。


攻守交代。

DKをしながら、俺の乳首に触れてくる美優ちゃん。思わずビクッと反応してしまうと、

「乳首弱いんだ~かわいい♥」

お姉さまにカワイイって言われるの、悪い気しないっすね。よーし、存分にアヘアヘ感じまくっちゃうぞ!(度が過ぎるとキモいので、丁度いい感じで)

ペルペルと乳首を舐めながら、細い指でもう片方も触ってくれる俺の大好きな乳首なめ。そんなんされたら無条件でビクついちゃうし、下腹部が熱くなってしまいますわい。

上目遣いで乳首舐めをし、俺が嬌声を上げると小悪魔スマイルで見つめてくる様子が最高にエロい。俺が童貞だったら、こんなお姉さんに奪ってもらいたい。もう叶わないが。


乳首を舐めながら、俺の下腹部へと手を伸ばしてくる。
気持ちよすぎて、美優ちゃんに負けず劣らずの分泌量だし、すっかりチンポCRAMP DISCHARGER状態!



俺のチンポをツンツンと遊ぶようにいじくり回して、ゆっくりと咥えこんでいく。
まるで低反発枕のように、ぴったり口内で優しく包まれていく。テンピュールフェラチオ。

先程のお礼返しとばかりに、ねっとりたっぷりとチンポ全体を舌で、口で弄んでいく。

亀頭中心にちゅぽちゅぽ舐めたかと思えば、舌でレローンと側面や金玉をベロンベロンと舐め回していく。
彼女の唾液で下腹部が完璧にコーティングされてしまった。

やられっぱなしはアレだし、お互いが高まった状態で最終形態に臨みたいので、そのままお尻をこっちに向けてもらいシックスナインへ。

ぷりっとした小尻を掴んでベロベロと舐め回し、その気持ち良さでフェラチオが疎かになる。しかし思い出したかのように俺のチンポをジュポジュポとフェラチオし今度は俺が――という繰り返しを経て、ラストの素股へ。


正素→騎→後→正。

唾液&ラブジュースでヌルヌルになったオマンコへ、俺のいきり立ったブツをこすり付けていく。ローションマジで不要。

前後へ擦りつけていく度、彼女の喘ぎ声が。そして俺の太ももや手をぎゅーっと強めの力で握ってくるのが、最高に可愛らしいし恋人っぽくて興奮する。

BlogPaint

動いていると、彼女の方からキスを求めてくるので、覆いかぶさってDKをしつつも腰を振っていると、危うく事故りかけそうになる。あぶねえ。

「ごめんごめん、わざとじゃないんよ」
「分かってるよ笑。ねえ……?

アイコンタクトで何某かの合図を送ってくる美優ちゃん。どうしたのかな、トイレにでも行きたいのかな?(最高に野暮天)

お互いの気持がひとつになったようだ。快盗チェンジ!

BlogPaint

先程よりも密着度も高まり、彼女の声もさらにボリュームアップ。

騎乗位体勢になり、彼女のヒップを掴みながら、下から突き上げるようにパンパンパン・パンパンパン・パンパンパンパンパンパンパン――と三三七拍子のリズムで攻め立てていく。

「それ、それダメ、いいとこ当たっちゃう……ゥゥゥッッ!!!」

と、俺の身体を物凄い力で抱きしめながら快感の声を上げる。

最後は彼女の表情を見ながら果てたいので、正常位体勢に戻し、おっぱいやクリを触りながらピストン運動を激しくしていく。



「ダメダメ! イク、イっちゃうゥゥゥゥ~~~~~!!!!!!!!」
「美優ちゃん、俺もイきそう……ああぁぁぁーーー!!!」



パンパンパンパンパン!!

グッドリズム!! グ――――ッドウィドゥム!!

201501271700027cf




ふう。
たっぷり出ました。

「すごい、一緒にイっちゃったね……♥」

わりと時間いっぱいだったので、急いでふたりでシャワーを浴びる。「誰でもって訳じゃないからね、お兄さんがタイプだったから」と、謎に軽く怒られました笑

いやー最高でしたわ。

・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

00326670_girlsimage_01



射精勢い度(五段瓦評価) : 5
tile5a


※上の瓦は5段階評価をつけてます。そして瓦5個目が割れることも……(ヒビが入ると4.5)。それが何を意味するのかはみなさんのご想像にお任せします。 ですがプレイ内容等は主観で感じたもので、事実のみを書いています。 その点だけご了承して頂ければ幸いです。

※遊びに行った際、お店で「体験ブログ見た」と言って頂いてる神様のような読者様へ。ありがとうございます。その一言が、もっと多くの瓦割り娘のご紹介に繋がりますのでよろしくお願いします。
 
フーゾクDXはこちら♪