00143115_girlsimage_01
オフィシャルHPはこちら
女の子詳細はこちら


長いので飛ばしてくれて構いません。

宇良の初金星には、思わず俺も貰い泣きしてしまった。
八日目の対白鵬戦においても、負けはしたものの大横綱相手に善戦をしていた。

番付が上がると否応なしに上位勢と当たり、多くはその層の厚さ・強さに阻まれ沈んでいくのが常だ。横綱と初顔合わせの場合は特にそれが顕著になり、「今の自分が持っている100%をぶつけるしかない」という気持ちで臨み、ダメ元戦法はまず横綱の牙城を崩せない。
勿論それが悪いというわけではない。文字通り横綱の胸を借り、自分の至らなさを痛感するのも成長に必要ではある。
しかし、それに物足りなさというか、勝負の世界なんだから奇襲でもなんでもして一泡吹かせるのも大事なのでは――という思いもあった。

八日目、白鵬との取組。レスリング仕込の、タックルのようなぶつかり。予測していたのか、変化する白鵬。結局力負けとはなったが、潜り込んで掴みきれない宇良に対し、明らかに混乱し手を焼いていた。

そして九日目、日馬富士戦だ。
いつも以上に低めの体勢からぶつかる宇良に対し、日馬富士も前傾姿勢で応える様子は、相撲というよりかはアメフトのようだった。そのままかいなを取って、流れるように回り込んでのとったり。偶然ではなく、戦略がうまくハマっての必然的な勝利。見事の一言だ。

宇良は持ち前の柔軟性と身体能力の高さを活かし学生相撲で活躍し、アクロバット力士として鳴り物入りで角界へやって来た。ポテンシャルだけで三段目・幕下くらいはいけるだろうが、十両はどうだろう……と素人目で思っていたが、あれよあれよという間に幕内力士だ。

小兵力士の常として、体重を増やすと今までの持ち味であったスピード・テクニックを失って成績を落とすことが多い。遠藤がいい例だろう。
しかし宇良は反り技こそたまに見せるが、重量級の相手であろうと全く劣らずの立合いを見せている。しっかりと上位陣に対抗できるスキルを磨いている証拠だろう。

寺尾、舞の海の再来とも騒がれたが、それを越える高みを目指し、我々に相撲の未来を見せて欲しい。大いに期待している(決して今場所稀勢の里不在で寂しいわけではない……泣)。


==========(ここから本題)==========


にしても、場所中は相撲のこと書きたくて仕方がないから、ここの序文も悩まずに済んでラクですわ。皆も求めてるしね!うんうん(DXからの怒号に耳を塞ぎながら)。

流れをぶった切って本題へ移ろう。
今回遊んだのは【美魔女 ~ビマージョ~】。『メアリと魔女の花』絶賛公開中なので、魔女繋がりってことで!(無茶苦茶)
image
90分29,000円。
(※ホテル代別途。指名料+2000円、交通費+2000円(地域によって変動))

新規の方はDXのオトクな割引があるのでチェーケラ!


帰宅ラッシュのサラリーマンの波をかき分け、やって来たのは五反田エメラルド。120分4100円。前半相撲に割いちゃったんでサクサク行くよ!(※ブログの私物化)

ブログ用_170714_0026

入った瞬間、ジトッと貼り付くような湿気があったので、エアコンを除湿モードにして待つこと10分ほど。コンコン。

「はじめまして~さおりです。よろしくお願いします」

スラッとした高身長デルモ体型のさおりさんが登場。
ヒールを履いてるからか、とも思ったが、靴を脱いで部屋に上がってもその印象は変わらず。聞けば170cmあるそうで、本人はコンプレックスだそう。

大丈夫! 俺、熊◯ちゃん大好きなベリオタだから!!(たぶん通じない)
BlogPaint

とりあえずソファーに座り軽く雑談。
なんかスポーツやってたの?と聞くと、特にやってはいなかったそうだが、マジでモデル業的なことはやってたそう。詳しくは掘らなかったけど、コンパニオンとかかしらん。

改めてかんばせを眺めると、ほにゃっとした雰囲気がなんとも可愛らしい。キュートさと大人の色気を兼ね備えた、安め◯みに感じは近いだろうか。
BlogPaint

とまれ、暑くて汗かいちゃったんでシャワー行きましょうか、という自然な流れで脱衣。
お喋り長引いてシャワーのタイミング逃す――というのは風俗あるあるだと思うが、夏はこの流れでナチュラルに持ってけるんでいいわね。

恥ずかしいので部屋暗くしていい?という提案にに二つ返事でOKし、ムーディーな照明の中お互いぬぎぬーぎ。

さおりさん、スタイルX-GUNじゃないの!(ボキャブラ世代)
ブログ用_170714_0004

Eカップのパイオツカイデー。

ブログ用_170714_0019

ちょっと乳輪見えてますよ!!!
乳首とお顔が見たい方は、こちらの有料ブロマガに……(※ありません)。

密着泡泡洗体を終えて、ベッドで待つ。背中に当たったおっぱい、気持ち良かった……。


ベッドに座っていると、全裸のさおりさんがこちらに向かってきて、横に座ったかと思えばいきなりの情熱的なキス!!

舌と舌が絡まり合い、シーツに垂れるほど唾液がねっとりと。

そのままキスをしたままベッドへと押し倒され、唇を離したと思ったら「うふふ、乳首感じる人?」と小悪魔的な笑顔で質問してくる。

感じる人です!!!!

いきなり乳首へは行かず、まずは首筋そして耳元から脇を舌先でツツツーっと舐め、俺の身体から舌を離すことなくそのまま乳首方面へと移動してくる。

乳首をペロッと舐め上げられ、ビクンと反応してしまうと「気持ちいい?」と上目使いで聞いてくる。

この後も舌先で舐めたり、口に含んでコロコロしたりで、反応する度に「気持ちいいんだンフフ」と聞いてくるのがいやらしすぎる。これが、美魔女か……!!
BlogPaint

「すごいいっぱい出てるよ~やらしい♡」
と、お姉さまになじられる。そ、そんなこと言われたらまた溢れちまうよ!

チンポに行くかと思いきや、我慢汁ダラダラの亀頭をチョンっといたずらっぽく触り、お口は金玉の方へ。

まるでリスがクルミを食べるかのように睾丸を頬張り、ジュポン。ペロペロ。
舌先で金玉をチロチロしたあとは、アイスキャンデーを舐めるかのようにサオの側面をペロペロと舐める。

いきり立ったチンポを頬張り、グポッグポッという、音は立てない真空フェラチオ。

小さなお口でリズミカルに繰り出される上下運動に加え、時折こちらの感じてる表情を伺ってくる。

上目遣いでこちらを見つめるエロティックな視線が突き刺さる。

ノーハンドフェラ+乳首サワサワ+上目遣い、これは勝利の方程式だ!!!! なんの勝敗決してたか不明だが。
BlogPaint

ここらで攻守交代。

まずはDKから、首→耳→そして胸へと。

Eカップのフヨフヨおっぱいに、乳輪小さめの綺麗な乳首。乳輪周りから焦らすように、ゆ~っくりと責めていく。
段々と収縮していく乳輪、そしてコリコリに上向きになっていく乳首。

「あぁ~ん~……」

散々責められたので、こちらも乳首を丹念に責める。
上上下下左右左右BA――と、コ◯ミコマンドの要領でじっくりじっくり。さおりさんというビッグコアを攻略するには、この手しか無い! ところでBAって一体。

そういえばシャワーで股間は見てなかったな。
さて一体どうなっているのかしら……。

乳首から脇腹、恥骨~太ももとリップ攻撃をし、いざご開帳。

あら、さおりさんパイパンじゃないの!!!!
そういえばモデルやってたとき水着着ることもあったつってたから、アンダーヘアは気を遣っていたのかもね。

マンビラを開くとキレイなピンク色に、ぷくっと光るクリトリスがご対面。

既にあやしく濡れているオマンコにかぶりつく。
BlogPaint

「ああっ、だめっ、気持ちいいッ!!」

クリを舌先でピンっと弾くと、腰を跳ねさせて感じまくる。
身体を反らせた姿がさらに彼女のスレンダーな肢体を際立たせ、得も言われぬほどセクシーだ。

クリと同様、中も感じやすい感じやすいようなので、クリクンニと指マンの責めへとシフトチェンジ。

「ああヤバイ……気持ちいいッ! イっっちゃうぅぅ!!」


ビクンビクン。


ベチョベチョになった口元をシーツで拭い、おっぱい舐めでワンクッション入れてからキスへ。

唇を離すと、彼女から「気持ちいい……上乗っていい……?」と。

騎素オンリー。

パイパンでぬるぬるのさおりさんのオマンコへ、ゆーっくりと擦り付けられていく。

「あっ硬ァい……気持ちいい……!」

パチュンパチュンという粘液の音が五反田の夜に響き渡る。

覆い被さり、舌を絡ませながらも、腰を振ることはやめないッ!

さおりさんの体温が全身と、下半身の一部に伝わってくる。

キスをしながら、おっぱいを揉みながら、乳首を触りながら、そして最後は華奢な腰を軽く掴んで前後へと激しくグラインドしていく。

その度に彼女の顔が、快感の苦悶を浮かべながらハイトーンボイスで鳴きまくる。

「あっあっあっ! イク! またイっちゃう!」
「俺ももうでる~~~~~!」



ドビュビュー!!


ふう。


ザーメンを拭き拭きしたら、ぐったりとベッドへ横になり、添い寝状態でのピロートークへ突入。

ていうか、さおりさん、なんで今年の夏の予定とか普通の会話してるのに乳首触ってくるんですか……。

そんなことしたらまたムクムクっとなっちゃいますよ!
BlogPaint

「あーまたおっきくなってる笑 もっかいする?」

チンポには抗えません……。再度俺のチンポにまたがるさおりさんだが、あれ、何を着けてるんですか……?
えっえっ、ていうことはもしや……!


パンパンパンパンパン!!

グッドリズム!! グ――――ッドウィドゥム!!

201501271700027cf



ふう。



大量発射。
騎→後→正で、二度目の発射です。二度目はまさかの瓦割り。

さおりさんの性欲、無尽蔵か。性も根も尽き果てたが、笑顔でホテルを後にした。

・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブログ用_170714_0010


射精勢い度(五段瓦評価) : 5
tile5a


※上の瓦は5段階評価をつけてます。そして瓦5個目が割れることも……(ヒビが入ると4.5)。それが何を意味するのかはみなさんのご想像にお任せします。 ですがプレイ内容等は主観で感じたもので、事実のみを書いています。 その点だけご了承して頂ければ幸いです。

※遊びに行った際、お店で「体験ブログ見た」と言って頂いてる神様のような読者様へ。ありがとうございます。その一言が、もっと多くの瓦割り娘のご紹介に繋がりますのでよろしくお願いします。
 
フーゾクDXはこちら♪