la_grpb0010101003_0000000000pc

オフィシャルHPはこちら
女の子詳細はこちら


12月に入り、世の中はめっきりクリスマスムード一色になり、街行く若人たちも浮かれまくってて正直ブチ殺したいですね
渋谷をぶっ潰せ!



渋谷といえばちょっと自分語りになりますが、22歳のクリスマスに童貞を捨てたのがこの街でした。
友達の大学のクリスマス会に誘われてホイホイ赴き、なんか大規模合コンみたいな感じで日和ってたら(童貞なのでうまく立ち回れない)、向こうから話しかけてくれた年上女性と仲良くなって連絡先交換して、クリスマスに渋谷で飲むことになったのよね。

一軒目はカジュアルなイタリアンで飲んで、二軒目はバー行って、終電なくなったのでそのまま神泉のラブホへ――という流れで。ホテルもクリスマス料金になってて、大して綺麗でもなんでもないくせに宿泊2万円くらい取られた記憶あるわ。

初めてだったので上手くいかなかったし、挿入でイケなかったよね。
で、素人童貞を卒業したその数日後、コミケ資金が余ったので池袋のソープで玄人童貞も卒業した

まあそんなこんなで渋谷という街自体は好きではないが、俺の原点でもあるのよね。
そういや上京してすぐ、今はなきセンター街のさくらやでコーヒーメーカー買って、その数時間後くらいにどっかに置き忘れて「東京って怖い街だな…」って不安になったこともあったな(←完全に自分のウッカリ)。

うぶなトゥーシャイシャイボーイな頃の気持ちを忘れず、一期一会の女性との出会いを大切に、お店も初めての場所で遊んでみようかと。



童貞を卒業した女性が27,8くらいだったので、同年齢層が多い「渋谷エオス」
image

圧倒的在籍数と、何より「子どもの有無」をプロフィールに明記してるのが珍しくて琴線にビビッときた。

2015y12m11d_143344946

受付のある渋谷百軒店へ。
あ~センター街からこっちへ来るとなんだかホッとするわ。実家へ帰ってきた時のような安心感(言い過ぎ)。

ここの受付は、何件かの店が連なるブース内にあるので、常にお客さんがウロウロしている。俺が行った時も先客が長いこと店員さんと話していて、まあまあ待たされた。そのお陰で出勤中の子をくまなくチェックできたけど笑

今回は、入会金・指名込 60分9,950円という安さ爆発の割引を使用!



しかも次回使える3,000円割引チケットもくれるってんだから、太っ腹感ハンパない。

指名したのは【上原みすず】さん。俺、どんだけショートカットに弱いんだよ……。

支払い等諸々済ませ、ホテルへ。
利用したのはO-EAST近くのカサディドゥエ

S__2940930

狭すぎず広すぎず、ちょうどいい。

お店へ部屋番号を伝え、歯磨きしながら待ってたら5分位でノックの音。
はやっ! まだ本当に歯磨きしてる最中!

ドアを開けると「どうも~、こんにちわ~」と落ち着いた感じの挨拶を。あら、小柄で小動物みたいで可愛いじゃないの。もう射精しそう(早すぎる)

「ふぁ、ほうほほうほ~(意:あっ、どうぞどうぞー)」
「歯磨き中だったんですね笑。ありがとうございますー♪」


うがいして、ベッドに並びに座って雑談。
ここで発覚するのだが、俺と彼女の地元が一緒で衝撃。お互いのプライベートのため場所は秘すが、狭いコミュニティのド田舎なので、正直2・3クリックくらいで繋がりそう笑。

気まずいながらもしばらく地元トークで盛り上がるが、違うところも盛り上がってきた(下品)のでここらでシャワー、中山ヒデちゃん的に言うところのワーシャーへ向かう。

あらら、みすずさん、小柄なナリしていい乳とケツしてんじゃないの。中山ヒデちゃん的に言うとバイヤーですね(しつこい)。

バスルームはユニットバスで狭いのだが、密着度が高くなるので逆に良い。
他愛もない話をしながら身体を洗ってもらっているこの瞬間、これこそが風俗の醍醐味であり俺の好きな時間でもある。

シャワーから出て寒いので、さっぶいさっぶいって言いながら布団の中へ潜り込む。
「ひゃー、みすずさん足冷たいねー」
「うふふ、くすぐったい♪」

なーんてイチャイチャしてたら、もう辛抱たまらんくなったんでお互い横向きながら軽くキス。そこから上へ覆いかぶさり、半開きになった彼女の柔らかい唇へ舌をニュルリとえぐるように入れ込む。

20130724-2

彼女も応え、濃厚なディープ。
からの~首筋→耳→おっぱいへのリップ攻撃。

左胸をもみ、たまに指で弾きながら右乳首をベロンベロンっと。
「んんっ、そこ…好き……」
ワインレッド色の乳首が硬度を増していく。



もっとリップを楽しんだり。
スケベな乳首してまんなぁ~~~

乳首を舐めながら、手の甲で太もも・マンコ周辺をさわさわしつつ、本丸へ手を伸ばす。

あーあ、お股がびっちょんこやないの。ふと顔を見るとお目目もうるうるしてる。
「みすずさん、すっごい濡れてるよ」
「いや、言わないでください…」

上も下もうるうるしちゃって、もー! 下の方は泣き上戸なのかな!!!?(最低)

陰毛もほどほど、普通サイズのクリ、ピンク色の美マンってもう最高じゃないの!

さて、充血してヒクヒクしている泣き虫オマンコちゃんのお味は…と。

ぺろんっ。
ぺろっぺろっ。


マン汁が多すぎて俺の舌全体がコーティングされちゃったよ。

img_0

ハン・ソロみたいにこのまま舌をカーボナイト保存したい(エピソード7楽しみデスね)。

マンコ全体を舐め上げ、たまーに舌先でクリをツンツンと。
「ああぁ~それ、それだめェ~ 気持ちいい……!」

舌どころか口周りまでべっちょべちょになるほど舐めまわし、攻守交代。

キスしながら腕を彼女の背中へ回し引き起こす。
「みすずさん、俺も気持ちよくして…?」
「んふふ、負けないんだから♪」

と茶目っ気たっぷりの返しがまた可愛いんだコレが。

キスから首筋、そして乳首へ移動。
舌全体でゆ~っくりと舐めたと思ったら、甘噛したり吸いながら先っちょをチロチロしたりと、とんでもなく気持ち良いリップをしてくれる。

リップ中も、空いてる手でもう片方の乳首を触ったり、膝頭で優しくタマタマをこすってくれたりと、全身を使って俺を気持ち良くしてくれる。
うわぁ~これ、すべての女の子が会得してくれればいいのに。
馳浩はせっかく文部大臣になったんだから、これを義務教育に組み込んでくれないですかね?(更迭される)

hqdefault

もしくはジャイアントスイング。

玉を揉みながら、そのまま乳首からチンポの方へと移動。
またも先っちょをチロチロっと舐め、玉から亀頭までをやさーしく舐めてくれる。
こういう丁寧なフェラチオ、嫌いじゃないよ。嘘。本当は大好きです!!!

先っちょから根本までへと深く咥え込み、時折亀頭周辺を重点的にじゅっぽんじゅっぽんとやってくれる。
うわー、このまま出しちゃいたいよー! こちとらすでに射精ポイント3回くらい我慢してるんだよ!(知らんわ)

「ごごごごめん、気持ち良すぎてもう出ちゃいそう!」
「ほんとー? 嬉しい♪ どうする、このまま出しちゃう?」


うう、それも悪くはないが最後はやっぱり……ネ?

というわけで正常位の体勢になり、ローションいらずのみすずさんマンコ略してみすマンに怒張をこすり付ける(←略す必要ありました?)。

みすずさんがお手手でチンポを自分の方へ押し付けてくるんだが、こりゃ気持ちええぞい。

なるほどなるほどー! こんな感じか! みすずさん、なるほどーー!!(何がだ)

快感の渦が押し寄せてきて、俺の胸騒ぎの腰つきもスピードアップ。
「ああああぁ! すごい、気持ち! んっ、イイっ!」
「激しい! 激しいの好き! もっとぉぉぉ~!」


声が漏れるのか恥ずかしいのか、手で口を抑えているのがなんとも可愛らしい。
でもね、俺はもっとみすずさんのイヤラしい声が聞きたいんだゲヘヘ。

両手で手を繋ぎながら腰を打ち付ける!

パンパンスパパンパンスパン!

「ああー! みすずさん、もう出ちゃいそう……!」
「いいよ、いっぱい出して!」



ビュルッ!ドビュルルルー!




ふう。





時間がなくて正常位だけの発射になってしまったが、みすずさんはヒップもきゅっとした美尻なので、バック素股したかったな……という後悔も残るが、気持ち良すぎて時間配分間違えちゃった……。太田が悪い。(お前が悪い)
部屋を出る際に軽くチュッとやってくれたのがまた可愛いいんだ。こういうの大事よね。

・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みすずさん、初めはおとなしそうな感じなので、プレイもそんなに激しくないのかな……と思っておりましたが、なんていうんだろうメリハリのある子でした。まったりするところはまったりし、激しいところは激しくというのか。小柄な女性の敏感乳首に号泣オマンコ、これだけでも入ってみて全く損はない。そしてとにかく在籍が多いお店なので、貴方好みの女性も見つかるはずだ。

la_grpb0010101003_0000000004pc


射精勢い度(五段瓦評価) : 5
tile5a

俺が小中高のときに絶対どこかですれ違っていたなんて……そのときにも会いたかった!


※上の瓦は5段階評価をつけてます。そして瓦5個目が割れることも……(ヒビが入ると4.5)。それが何を意味するのかはみなさんのご想像にお任せします。
ですがプレイ内容等は主観で感じたもので、事実のみを書いています。 その点だけご了承して頂ければ幸いです。

フーゾクDXはこちら♪