台風が来て…梅雨が明けたと思ったらまた台風…ムジカルです(*・ω・)ノ

今降ってる雨が台風なのかどうなのか…

夏は暑くて嫌いだけど、中途半端な今の天気も嫌いです(笑)

という僕のどうでもいい天気の話は置いといて…(・∀・)

またしても仕事をサボって風俗に行こうと思っています♪

しかしながら給料日直前…

正直に言いましょう…

お金がないんです( ´_ゝ`)ノど~ん!

という事でお安く遊べる箱店に行こうと思う。

そう考えついた瞬間に「そうだ!あのお店に行こう!」と思いつきました。

遊びに行く前にそのお店のオフィシャルHPをチェック。

出勤している女の子にどんな子がいるのか…

これは非常に大事なファクターですね~ (´▽`)

可愛い子とか綺麗な子がいっぱい♡

動画がある女の子もいたりして…

2015y07m23d_181513819

というか、この動画の女の子にすごい惹かれてしまい…

【惹かれたら指名をする】という僕のサムライスピリットが発動(・∀・)

この子のプロフィールとか動画を舐め回すように見た後に突撃してきました!

【新宿 ルネッサンス】
00000155_topimage



新宿駅からめちゃくちゃ近い所にあるこのお店。

立地は最高♪

東南口から歩いて1分もかからない。相変わらず行きやすくて嬉しくなる(´∀`*)

これからの事を考えると気分もノッてくる♪
01853c3012cd60d15b541ad556b34f5b737ab369f7

ワクワクしながら階段を降りていくとめっちゃくちゃ元気な店員さん2人に出迎えられました。

さらに受付のカウンターにはもう2人。

多くね?

という疑問を頭の片隅に置きながら受付を開始しました。

今回はデラックス特割を使って50分 11,000円!

突撃前に舐め回すようにしてプロフィールを見ていた女の子を指名したいな~って思っていると、10分ぐらい後になるという事でした。

10分待つだけでこの子と遊べるならば!

せっかくなのでプラス1,000円で指名しておもいっきり遊ぶ事にしました。

箱店だからホテル代もかからないし…最高だね(☆゚∀゚)

【つばきちゃん】24歳
002


オプションとかコスプレとかあるんだけど、純粋に遊びたかったので今回はなし。

次に遊びに来た時はやってみても…っていつも思うんだけど、いつもオプションなしで遊んじゃうんだよなぁ~(笑)

お金を支払い受付終了。

「こちらでプレイ内容のアンケートを書きながらお待ちください~」

と案内された先は、3人の同志がいるカーテンで区切られた待合室。

「混み合ってますので譲り合ってお座りくださ~い」

という店員さんの一言で同志さんがモゾモゾと動いてスペースを作る。

そのぐらい混んでいたので、店員さんがいっぱい居るのも頷ける…とここで納得。

同志の方々の合間を縫って奥の方に座りました。

アンケートは小さい紙に7問ぐらいのさくっと答えられる感じ。

簡単に終わるやつだと苦にならなくていいですね♪

指名した【つばきちゃん】のプロフィールには↓↓
■店長コメント
優しくて、明るく親しみやすい性格で、『えくぼ』と『笑顔』がとってもチャーミングな、色白艶肌美女です!
抱き心地のとっても良さそうな、その『シルキーBODY』はお客様だけのもの!
ねっとりやさしく...責められると...色白の肌がほんのり紅潮して...とっても感じてしまうそうですよ♪
ベタベタ、イチャイチャが大好きという『つばきちゃん』と、濃厚な恋人空間...是非お早目に体感してください。
参照:オフィシャルHP
との一文が。

という事は…だ。

この子と遊ぶにあたって100%の真価を発揮するのは恋人気分で遊ぶ事。

アンケートには、『恋人気分』『普通に…』『甘えて欲しい』『甘えさせて欲しい』『冷たく接して…』とかありましたが、迷うことなく【恋人気分】のところにチェック!

プレイスタイルとか、特に受けたいサービスとかを答える項目もありました。

まぁそこら辺はオーソドックなとこにチェックをしてアンケートは終了。

書き終わったぐらいに店員さんが回収に来てくれるのですごく助かりますφ(.. )

その後は同志と共に待合室で待つ。

順番に呼ばれる訳だけど、待合室の人数は減るどころか増えてくる。

そう…めっちゃ混んでる!

昼過ぎなのに、びっくりするぐらいにどんどん人が入ってくる。

あっという間に待合室はいっぱいになっちゃいました。

お客さんが来たり帰ったり、シャワーのコールがあったりと受付周辺もすごく活気がある。

これが箱店のいいところなんだろうな~♪

そんな事を考えながらぼーっとテレビを見ているといよいよ僕が呼ばれました。

心の中で同志たちに挨拶をしてカーテンの向こう、受付側に戻る。

そして店員さんから注意事項を聞き、いざ【つばきちゃん】とご対面。
001

廊下は少し暗いのでお顔はよく見えない。

「こんにちは~♪よろしくお願いしま~す」

「それではご案内しま~すぅ♪」


という事で手を引かれて部屋まで連れていってもらいました。

案内された部屋は大きく3と書かれた部屋。つまり3号室(どうでもいい(笑)

「狭いから気をつけて入ってね~」

と言われながら部屋に入る。

入室後、振り向くとドアを閉めた【つばきちゃん】が僕の方に振り向くやいなや「よろしくお願いしま~す♪」と言いながら上目遣いで近寄ってくる。

その仕草に僕の心はもうきゅんきゅん!

僕の股間ももうビンビン!


身長はオフィシャルHPでは155cmと書いてあるがほぼ間違いないと思う。

上目遣いですりよってくる【つばきちゃん】に初っ端からもうメロメロでした。

「よろしく~。ってか…めっちゃ可愛いね♪」

「またまたぁ~。でも、ありがとうございますぅ♪」


と照れながらも答える仕草がやばし!

あまりの可愛さに【つばきちゃん】のお顔を見ていたらはにかみながらキスしてくれました。

まだシャワーも浴びてなくてうがいもしていないのに…。

それよりも!

その仕草が可愛いんだってば!

軽いバードキスを挨拶代わりとばかりにチュッチュチュッチュしまくる。

見下ろしている体制だから目に入ってくるんだけど、可愛いお顔の先にはベビードールに包まれた巨乳がキスに合わせて揺れている。

彼女はキスしながら僕に抱きついてきてくれたので、僕もお返しとばかりに抱きつく。

この時点ですでにプレイは始まっている!

キスをしながらギュッと抱きしめるとそれに応じてくれる【つばきちゃん】

「このまま始まっちゃいそうだから服を脱いでシャワーに行きましょ♪」

という事で一度離れる。

服を脱ぐ時もいっぱい話しながらもアシストして僕の服を脱がしてくれる。

不自然なくアシストしてくれるのが、数年付き合った彼女とのやりとりみたいでドキドキしてしまう♪

服を全部脱いでタオルを腰に巻いて出発準備OK!

室内にあるインターホンで「シャワー行きまーす」と言い、更にドアを少し開けて再度「シャワー行きまーす」という徹底した安全対策。

お客さん通しの鉢合わせを防ぐという観点からすると安全対策で間違っていないと思う(笑)

「じゃあ行きましょ♪」

と僕の手を取ってシャワールームまで誘導してくれる。

途中の通路はやや狭いが、それよりも廊下をタオル1枚で歩いているという興奮の方が強くてまったく気にならない。

シャワールームに到着し、タオルを取り、中に入る。

入って振り向くと軽くチュッとキスをしてくれました。

「じゃあ身体洗っていきますね~」とお湯の温度を確かめながら僕の身体を洗い始めました。

改めて【つばきちゃん】のボディを見てみるとムッチリとした抱き心地良さそうなボディ。

早く抱きつきたい気持ちを必死で抑え、身体を洗ってもらう事に注力する。

「狭くてごめんね~。でも作り替えたばっかりだから綺麗でしょ♪」

シャワールームを見回してみると前回遊びに来た時よりも確かに綺麗。

だがそれよりも気になって仕方ないのは【つばきちゃん】のボディなのである。

おっぱいが大きい!

そしてハリがあるのか、ツンッと張り出したロケットおっぱいがかなりの存在感を出している。

我慢出来ずにそろーっと触ってみると

「んも~…後でね♡」

さらにチュッと…

完全に萌え死にですわ(●´ω`●)

早く身体を洗ってもらえるようにおとなしくしました(笑)

身体もおちんちんも洗い終わったところで【つばきちゃん】はしゃがむ。

そして「少しだけ味見♪」と言い、パクッとおちんちんを咥えてくれました。

たまらん!

こんなに可愛い子が部屋に戻るという手間を惜しんでシャワールームでおちんちんを咥える。

「あ…お…気持ち…いいよ…」

と声も絶え絶えになりながらも声を上げちゃいました。

腰をピクピクとさせちゃいながらもフェラをしてもらうこと数分…

「じゃあ続きは戻ってから♪」

という事でフェラ中断。

たしかにここで発射してしまう訳にはいかないが…

立ち上がった【つばきちゃん】は目をつぶってキスのおねだりをしてくる。

据え膳食わぬは男の恥!

なので応じるようにキスをする。が、さっきまでのフェラでの興奮の高まりもあってかギュッと抱きしめました。

すると【つばきちゃん】もそれに応じて抱きしめ返してくれました。

こうなるともはやスイッチはON!

舌を軽く絡ませながらキスをしてお尻を撫でまわしおちんちんを擦りつけていると、

「このままだと始まっちゃいそうだから早く部屋にいこっ?」

と可愛くおねだりされちゃいました。

可愛い子のおねだりはそれだけで破壊力抜群!

「じゃあ、戻ろうか」

という事で身体を拭いてもらって、部屋に戻る。
004

部屋に戻ったら軽くキスをしてからベッドに腰をかける。

【つばきちゃん】は僕を会話をしながらも室内を少し暗くしていました。

話していると人懐っこく、仕草はキスのおねだりで可愛いのに、こういう準備とかの気遣いがすごい。

でも、所謂『仕事をしている』感はなくて、ホントにごく自然にこういう準備をしてくれるから、まったく嫌な感じもしない。

「責めるのと責められるのと、どっちが好き?」

という質問に僕は「責められるのが…好きかな」と返す。

可愛い彼女に責められるっていうのは、想像しただけでちんちんがビンビンになりそうだ(*´ェ`*)

僕がベッドに仰向けに寝て、彼女は覆いかぶさるように僕の上に跨る。そしてプレイスタート。

一直線に僕の唇を奪いにくる彼女。

さっきまでの軽いチュッチュッというキスとは違い、初っ端から舌を激しく絡ませあうディープキス。

このギャップにすでにドキドキしてちんちんもビンビンになってしまっている。

やがてキスが終わりそのまま脇を舐めつつの~乳首(●´ω`●)

また脇にそれつつも~乳首(●´ω`●)

ただ舐めるだけではなく、緩急を付けて舐められる、非常にエロい舐め方。

可愛いお顔からでは一切想像出来ないエロい責め方。

あぁ~たまりませんがな(*´ェ`*)

「乳首感じるのぉ~?」

と言いながら舌をチロチロと動かす【つばきちゃん】

あまりの可愛さとエロさについついギュッと抱きしめちゃいました♪

乳首から再び全身リップの旅が始まりました。

さぁイク~んだぁ~、その舌を走らせ~♪
BlogPaint
(…はい、暴走しました(笑)

脇腹経由で身体の側面を舐めながらたどり着いたのは膝!

前回といい、膝をよく舐められる。

膝舐めが風俗業界の新しいムーブメントなのか?

しかし、この感じ…嫌いじゃない。

むしろ好き(●´ω`●)

そんな全身リップ、膝に着いたら折り返し運転で内ももからの…鼠径部!

鼠径部をチロチロしながらも移動が終わらない。

どこに向かっているのか…

「おっふ…」

という声を上げ、身体をピクピクいわせながらも行き先を感じていると、辿り着いたのは蟻の門渡り。

何を隠そう、僕はここの部位を舐められるのが一番好きなのだ(どうでもいい笑)

舌がチロチロ…チロチロ…

めっちゃ気持ちいい!

音波振動歯ブラシみたいに実に細かく動いている。

そして舐めながらも、気持ちいいの?と目で言わんばかりに僕の方を見ながら舐めてくれる。

【つばきちゃん】がやる仕草の一つ一つが本当に可愛い。

その可愛さに僕の気持ちも相乗効果でどんどん高まっていく。

彼女はそれが分かっているのか、すごくいいタイミングでちんちんをパクッと咥えてストローク。

さらに、一度口を離して上からヨダレをツイーっと垂らす。

部屋の照明のお陰なのか、淫美に、エロく輝いてみえる。

その唾液をローション代わりにちんちんを上下にコスリつつも咥えてチロチロと舐めてくれる。

この時点で僕のちんちんはすでにぐっちゅぐちゅになっている。

なっているのだが嫌悪感はまったくなく、むしろ快感だけが増してゆく。

すると彼女は僕のちんちんから口を離して登ってきてキスをする。

さっきまでちんちんを舐めていたのでヨダレでベチョベチョになっているお口にキス。

めっちゃ興奮する!

記事を書いている今も思い出すだけで勃起してしまう(●´ω`●)

濃厚なキスを繰り返しつつ彼女の目をジッと見ていると「おっぱい舐めて?」というおねだりと共に僕の目の前にロケットおっぱいが差し出される。

無論断る訳もなくおっぱいにむさぼりつく。

「あんっ♪」

実に可愛い声で喘ぎ声を出す【つばきちゃん】

可愛いお顔の持ち主は、尖り過ぎず丸すぎず、高すぎず低すぎずのベストな声になるのか(´∀`*)

むしゃぶりつきながらもおっぱいを間近で見る。

乳輪のサイズ…Good!

乳首のサイズ…Good!

全体的なバランス…Good!

まったく使われた事がないと言っても過言ではないぐらい綺麗なピンク色。

総合的に評価をすると…100点満点おっぱい(完全なるムジカルの趣向による採点です(笑)

そんなおっぱいだからこそ夢中で舐めて舐めて舐めまくってしまう。

なのにも関わらず…だ。

【つばきちゃん】はおっぱいを舐められながらも僕のちんちんにオマンコを擦りつけてくる。

今すぐにでもほしそうな表情と腰の動きで僕のちんちんを求めてくる。

それならば…

「オマンコで擦ってもらってもいいかな?」

と一世一代の勇気で卑猥な言葉を繰り出す僕。

「うん♪」

と返事してくれる【つばきちゃん】は本当に可愛い。

もし世界中の人で誰を彼女にしてもいい!っていう神様のお告げがあったならば、迷わず彼女を選ぶだろう。(そのぐらいの勢いなのである)

「ローション使う??」と聞く彼女に対して、

「もう凄い濡れてるの分かってるからいらないと思うよ」と意地悪く返す僕。

すると「も~~♡」と照れながらも反応してくれる。

うんうん、期待通りの反応ですごく嬉しい(*´Д`*)

という事で、【つばきちゃん】に上に乗ってもらい騎乗位素股をしてもらう。

下から見上げる彼女のおっぱいはものすごい存在感がある。

そして注目すべきは素股をしている下半身。

腰がグイングイン動いて、僕のちんちんをあらゆる角度から刺激してくる。

目線をおっぱいからオマンコに移すと割れ目で僕のちんちんをぱっくりを咥えているのがよく見える。
P1010937

柔らかなオマンコの感触を味わいながらも【つばきちゃん】の顔を見てみるとキスをしたそうな表情を浮かべている。

なので、上半身を起こし座位に変更。

上半身で彼女のおっぱいを感じながら素股をし、さらにはキスをも楽しめる。

こんなゴールデンパターンがあるだろうか?

店内では大きめの音量で音楽がなっているが、耳を澄ませばちんちんとオマンコの接触音すら聞こえるぐらいにぐちゅぐちゅに濡れている。

もっと楽しみたいが…僕の興奮度もかなり高まり結構やばい状態。

彼女を抱きかかえながらくるっと反転し、そっと彼女を寝かせながら正常位の体制にもっていく。

すでにオマンコはベッドまで滴り落ちるんじゃないかっていうぐらい濡れている。

そのオマンコに僕のちんちんを当て擦る。必死で擦る。

本能のままに擦り…発射!!









発射後、彼女はいの一番に僕のちんちんを綺麗に拭いてくれました。

少しだけ時間があるようだったので腰掛けてピロートーク。

明るくニコニコな笑顔で話してくれる【つばきちゃん】

話しながらも僕の身体に抱きつき、いちゃいちゃし、キスをする。

彼女の方に顔を向けると迷いなくキスをしてくれる。

話好きでいちゃいちゃ好きでキス好きな彼女。

賢者モードLv.MAXの人だったらちょっと厳しいかもしれないが、僕はむしろウェルカム。

トーク&いちゃいちゃしながらもプレイ後のサービスドリンクを聞いてくれて用意してくれる。

なんて優しいいい子なんだろう(●´ω`●)

しかし残念ながら時間はきてしまう…

最後のシャワーでもイッた後だからって事で僕の身体を労りながら綺麗にしてくれ、キスもしてくれる。

室内に戻って着替えながらもキス。

そしていよいよお別れという時間。

フロントに電話で「お客様お帰りで~す」と伝えるも別れを惜しむように僕に抱きつきキスをしてくれる。

これには僕もついつい【つばきちゃん】に抱きついてキス。

しまった!

不意にも僕のちんちんが再復帰してしまった!

しかし時間もないのでこれにて終了。

フロントの横までお見送りに来てくれて手を振ってお別れ。
003



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
今回で2回目となったこのお店。駅チカだし安いしでホントにいいですね。かなり混んでいたのにも関わらず店員さんの丁寧な接客はすごい嬉しいです。
女の子は常にニコニコ笑顔で話し好き、明るい性格でした。なのにも関わらずプレイに入るとエロさ満点になるこのギャップはこの子じゃないと味わえないと思います。ムッチリとしたボディから織りなされるエロエロムードはまさに天下一品。
オマンコ関しては《やや人見知り》する感じはあります。2~3度遊べば人見知りなくなるのかな??
しかしながらオマンコの人見知りよりも、この子とのイチャイチャの方がいいかも。本当の恋人コースはこういうものだ!とまざまざと感じさせてくれた気がします。
本物のいちゃいちゃを体験したいのならば【つばきちゃん】は超オススメです♪



ではまた~~ヾ(´ω`=´ω`)ノ

評価4

★今回の支出金額★
プレイ料金…50分 11,000円(元値…50分 13,000円)
指名料…1,000円(元値…2,000円)
ホテル料金…なし
トータル…12,000円

※上の貝は5段階評価をつけてます。そして貝5個目は若干色が変わります。それが何を意味するのかはみなさんのご想像にお任せします。
ですがプレイ内容等は主観で感じたもので、事実のみを書いています。 その点だけご了承して頂ければ幸いです。

フーゾクデラックスはコチラから♪