風俗レポート「射精バカ一代」

読者ブログと銘打って頑張って頂いたこちらの情熱体液。スタミナ王子ことムジカル氏が射精障害だのインポテンツになっただの、バイアグラの購入代金がかさむので生活費を圧迫してだの等々...というのは表向きの理由で、実際は仕事の関係でブログ継続が難しくなってしまいました。ムジカル氏の後任は、デラックスと縁の深い元AV男優ライター大山マスカキ君(女性経験値豊富)がスルっとパンツを脱ぎ、ペンをチンに替えて女の子レポートをしてくれます。よりパワーアップした風俗体験ブログとして風俗遊びの参考にしてください。このブログは「半クラタコメーター」「情熱体液」と言った風俗における数々の歴戦の証であるため、風俗体験ブログのプラットフォームとして同じURLで継続させて頂きます。 しっとりと優しいティータイムのお供に。 ※あくまで大山マスカキ君が実際に遊んで感じたレポートになるので、すべてのプレイ内容を保証するものでは無いことをご了承下さい。チェストー! 三度の飯よりエロいことがしたい、三食抜いてでもエロいことがしたいという、脳みそがチンポにあるんじゃねえの?と思うくらい四六時中性欲に支配された元AV男優の風俗レポート。 侍は刀を常に磨いてさやの中におさめておく。抜かない。抜かないところに侍の価値がある。だが俺は抜く。いや、抜きまくる。もっと言えば戦う前からイってる。

2018年10月

00300702_girlsimage_01
オフィシャルHPはこちら
女の子詳細はこちら


バイト話続き。
時系列は大分前後してると思う。無職時代の記憶はかなり混濁してるので、まあそんなこともあったなと断片的に覚えているのでご容赦下さい。

バイト求人サイトを見ていたら、異常に時給が高いものがあった。当時たしか時給1,500円くらいだったと思う。内容は某ケータイ会社のコールセンターだった。バイトと言うか、契約社員扱いだったかな。まあ金くれんなら何でもいいんだけど。

大学入ったときに親に買ってもらったスーツ(いまだに現役)を着て、履歴書こさえて面接に行ったら即採用。自分でブリーチした金と茶の間のこすけた髪色でも受かるんだから、相当人手も足りなく出入りも激しいんやろな。

翌日から出勤となったが、初日はオリエンテーリングのようなもので業務にはほぼ関係ない内容だった。曰く「コールセンターという人対人の仕事なので、コミュニケーション能力を養いましょう」ということで、同じ時期に入った新人たちとグループ組んで、各人数分間「いま自分がハマってるもの」についてプレゼンする――みたいな内容だったと思う。コールセンターに電話したことある人なら分かると思うけど、ほぼ女性ばかり。パート代わりに働こうとする主婦もいた。遊びみたいな内容で初日終了。

(次回につづく)

書き始めたら思ったより長くなってしまったので、まさかのマクラが続くという事態。すみません。


今回は初めて遊ぶ店だ。その名も【ZION(ザイオン)】

ジオンではありません。あっちはZEONだしな。そういやウィリアム・ギブスン『ニューロマンサー』にザイオンってスペースコロニーが舞台となる章があったけど、何か関係あるんですかね?(面倒くさいSFおじさんの戯言)

image

コースは大きくふたつ。
鼠径部周りの集中マッサージなど、ギリギリの快楽が味わえる『アロマエステコース』。そして、それに乳首舐め・おさわり・手コキが加わった『ザイオンコース』

ヌキあるんなら、ノータイムで後者を選びますわな。

さらにオプションとして『ハイブリッド』なるものが。内容は不明だが、遊びに行った先行者たちのレポを読む限り付けておいて損はなさそうだ。非対応の女性もいるので、プロフを要確認すべし。

今回指名した【野口まみ】ちゃんは、これを書いている現時点でお店ランキングのTOPに君臨している。ほほう、しかとその理由を探っちゃおうじゃないの。

DXの特別割引を利用して、100分総額29,000円!
(内訳:割引料金100分19,000+指名料2,000+ハイブリッド8,000)


渋谷は夜の19時。
この日は世間一般の給料日直後な上、花金と来たもんだ。喧騒はいつも以上。



基本はデリバリーだが、19~22時の間は受付での支払いもできるので、百軒店にあるお店で料金を支払う。オプション料金だけは女性に直接渡すらしい。

サクッと済ませたら、ホテルへと向かう……が! どっこも空いてないでやんの。やっとこさ見つけたのはエルメ。2H3,300でした。

ブログ用_181030_0168

入室したらお店に電話。ここで促されるが、女性が来る前にシャワーを浴びて待ってるシステムとなっている。オッケーオーライ。

シャワーを浴び終え、歯磨きをしているとコンコンとドアが鳴らされる。思ったよりも早いな。
歯ブラシを咥えてドアを開ける。

「こんばんわ~、あっ、歯磨きしてたの? ゆっくりでいいですよー」

と、今日のお相手【野口まみ】ちゃんが優しい言葉とともに登場。

1539488481_3qZyDB1539919299_nTqkCg
(※写メ日記より)


見てくださいなこの可愛さ。写メ日記だとちょいアンニュイめだけど、実際は超がつくほど明るい。

ジャブ程度に天気の話なんかで会話の糸口を広げていく。まみちゃん、まーよく笑うしよく喋るしスッゲーいい子なんですわこれが。フレンドリー。

じゃあまずカウンセリングシートを書いてくださいとのことなので、それを記入。マッサージの強弱や、重点的にマッサージして欲しい部位を書き込んでいく。

お次はオイルマッサージの際に使うアロマオイルの選択。
ラベンダーや柑橘系など数種類ある中から、わたくしはイランイランをチョイス。こいつはインドネシアでは新婚初夜のベッドに敷かれたりと、リラックス効果はもちろんだが、催淫効果が高いと言われている。バリ風のラブホテルとかではよくこの香りがしてますね。

そして最後にオプション表を見せられるので、ここでやっとこさ『ハイブリッド』を追加させていただく。はい、8,000円。

これにて事前準備は終了。

うつ伏せになるよう促されるのでそれに従っていると、背後からシュルシュルと衣擦れの音が聞こえてくる。こ、これは!

「恥ずかしいから見ちゃダメ! めっ!」

叱られちゃいました(うれしい)。
チラっと見えましたけど、まみちゃん下着姿になっておりましたね。

BlogPaint

といったところで、遂にプレイもとい施術がスタートしていく。
マッサージだけはどのコースを選んでもありますからね。さてさて、お手並み拝見と行きましょうか。

まずは肩・背中をゴリゴリと。おお、結構力強くて痛気持ちいい。

「まみちゃん、結構力強くていいね。マッサージ自体はやってたことあるのん?」
「このお店で働き始めてからですよ~。4月に入ったから半年くらいかな。でも本指名のお客さんには『最初より格段に上手くなった』て褒められますね」
「じゃあ現場で学んでったんやね。かなーり効くわ~」
「わたし、自分でもマッサージ行くからそれもあるかも。背中めっちゃ凝ってるね~(ゴリゴリゴリ」

いてててててて!
勿論痛くないかどうか都度聞いてくれるのだが、男のコだから我慢します。全然平気っす(脂汗を流しながら)。この痛みに耐えれば、終わったあと身体が紙のように軽くなってるかもしれんからな。

背面が終わったら、今度はオイルをつけて太ももからお尻までのリンパマッサージ。イランイランもここで投入され、甘ったるい何とも言えない香りが鼻孔をくすぐる。

太もものリンパを流すようにじーっくりマッサージされていると、時折触れるか触れないかの感じで金玉にゾワッと来る感覚。これこれ、この焦らされ感が風俗エステの醍醐味ですわい。

さらにふくらはぎ、そして足裏も強い力でぐぐぐっと指圧されていく。

「まみちゃん、好きなタイプってどんな人?」
「んー、Sっぽくて自分の意見をハッキリ言う人かな。あと声フェチなんで、低音のいい声の人が好き! お兄さんとか超いい声でタイプ!」
「やったぜ! そんなこと言ったら、街中で偶然出会ったらナンパしちゃうぞ~」
「そんな偶然あるかなー笑。あでも、わたしハロウィンの日に渋谷いるから、そんときならノリでOKしちゃうかも笑!」

奇しくもこの記事が上がるのはハロウィン当日。みんな、まみちゃんはブラックポリスの仮装で渋谷にいるらしいので、見つけたら声掛けてみよう(人混み多すぎて絶対無理)。見つからなかったときは、ラーメン屋の券売機に水かけて壊したり、軽トラを横転させて鬱憤を晴らそうぜ!!!



「じゃあ次どおしようかな~。四つん這いさせる人とそうじゃない人がいるんだけど、お兄さんSっぽいしなぁ」
「俺するのもされるのも好きだよ!!!(必死)」
「そう? じゃあウチが楽しみたいから四つん這いになって♪」

マイケル・ベイ版トランスフォーマーばりに、うつ伏せ→四つん這いへ高速トランスフォーム。プライドはゼロです!!!!(声高に言うことでもない)

背中からお尻をフェザータッチでさわさわされ、身体がびくんびくんと反応してしまう。背後からまみちゃんの微笑みと、楽しげな声が聞こえてくる。こ、こいつ……Mだって言ってたクセにドS小悪魔ちゃんに変身しとるやんけ……!

背中を舌で舐められながら、同じくフェザータッチで乳首に触れてくる。あかん、アカンですって。気持ちよすぎますって。俺のチンポがカッチカチに下向きになっている。なんならシーツにカウパー垂れちゃってるんだけど~ねぇ~~~~。

さらにお尻にチュッチュとキスをしながら、今度はアナルにまで舌が伸びてくる。
えっ、アナル舐めまでしてくれるんですかい!!!?

アナル、戸渡をペロペロと舐めながらも、乳首やチンポを優しい手付きで弄くり回してくる。

「めっちゃ感度いい~。超楽しいんだけど笑」

もう心の底からの笑い声が責められてる間ずーーーっと聞こえてくる。悔しい……でも感じちゃう……ッ!(クリムゾンメソッド)


さんざん責められて骨抜きなので、そのまま流れで仰向けにコロンとひっくり返される。
いつの間にかトップレスになっているまみちゃんと、久々にご対面。改めてかわいいな~。

「やっぱかわいいな~」
「嘘つきー笑。男の人は皆嘘つきだから信じないんだ笑」

何かツラい過去が……? まあ話のアヤだとは思うけど。

しっかし、スレンダーで見目麗しい。くびれはバッチリ、おっぱいもDカップくらいの美乳で、乳首は小さめのピンク色。


小悪魔スマイルで俺の上に覆いかぶさってきて、唇を重ねてくる。

そう、ここからがお待ちかねのハイブリッドオプションだ。まあさっきアナル舐めされてるから、厳密にはそこから始まっているのだけれども。

積極的なキスを仕掛けてくる。
薄い唇から舌が滑り込んできて、ディープキスへ。

舌同士を絡めあい、恋人同士のように唾液をちゅるちゅると交換していく。ほんのり甘くて美味しい。昼職でパティシエやってるつってたから、そのせいで甘味があるのかな?(そんな訳あるかい)

キスをしながら、乳首も触ってくる。先程の四つん這い状態で乳首弱いのはバレてるから、執拗に責めてきますよ。

そして乳首舐めも勿論気持ちいい。感度上がりまくってるから、いつもの3割増しくらいで気持ちE。

リップを堪能していると、彼女の頭は下腹部の方へ。


包み込むようにチンポを咥え込むまみちゃん。

これが! ハイブリッドコース! エステなのに! フェラまで! してくれ! る!

そこまで上手という訳ではないが、一生懸命に舐めてくれるのは伝わってくる。その姿勢だけで勃起度上がっちゃう。

上下にちゅぽんちゅぽんとストロークしてくれるのが最高に快感。


さーて、ここまでずっと責められっぱなしだったので、今度はこちらからの攻撃に転じよう。

DKから、首筋そしておっぱいへ。
柔らかく弾力のあるぷるるんおっぱいを揉みしだきながら、舌で乳首を転がしていく。

「んっ……あっ……」

ドMの敏感体質は本当だった! 木曜スペシャルで追跡取材しましょう!(しません)

DJW7rUUVAAAKE0A

演技とは思えない自然な喘ぎ声と、演技できるはずもない乳首の勃起具合。最高に興奮してきた。

小さな乳首をペロペロしながら、ふと彼女の顔を見やるとウルウルした表情でこちらを見つめてくる。

結婚しよう。


そのまま今度は下半身へ。
彼女のTバックをするるっと脱がすと、キレイなパイパンおまんこちゃんが。剃ってるわけではなく、きっちり脱毛しているようなのでジョリジョリは一切なし。スベスベで気持ちよすぎて、思わず頬ずりしちゃいました笑。

ピッチリ閉じた綺麗なワレメを指でくぱっと開けば、ほんのり濡れた美マンとご対面。

エステでクンニが出来るとはこれ如何に。

ぺろりと舐めあげると、無味無臭のねっとりした液体が舌にまとわりついてくる。目で見た以上に濡れていたようだ。感度バツグンっすね。

美少女ジュース、いつまでも味わっていたいほどだぜ。媚薬でも入ってるんか、ってくらい舐めれば舐めるほど俺の勃起度もアップしてくる。

BlogPaint

ワレメを上下にぺろぺろ、そしてクリ中心の責めへと徐々に移行していくと、

「ああっ……んんんんん……!」

と鳴くこと鳴くこと。
永遠に堪能していたいところだが、そろそろ俺のチンポも痛いくらい勃起してきて限界だ。


フィニッシュは素股で。
騎乗位オンリー。

ぬるぬるのパイパンマンコが、俺のチンポに重なっていく。

ノーハンド・ノーローションで前後にグイングインと動いていくのだが、お互いパイパン同士ということもあって滑りと快感度がいつも以上。さらにエステと性感で俺の感度が上がっているということもあるだろう。

おっぱいを下から持ち上げるようにわっしょいわっしょいしていると、彼女の喘ぎ声も少しずつボリュームアップしてきた。

動いてる最中もね、ずーーっと俺の目を見ながらなのよ。こんなん好きになるわい。

普段なら騎乗位素股は、ラストの正常位までのアイドリングタイムなんだけど、今回はやばい。気を抜いたら本当に暴発してしまいそうだ。

俺が眉間にシワを寄せながら快感にまみれていると、彼女は軽く微笑んで俺の唇を奪ってくる。


気が抜けました。


569cf817


ビュルッドビュルルルルル~~~~!


(自分の)お腹に大量発射。


やべえ、すっっげえ気持ちよかった……。
最後に一緒にシャワーを浴びてバイバイ。

まみちゃん、夜から朝方までのシフトで、たまーにそのまま寝ずにパティシエの仕事行ってるらしい。カラダだけ壊さんようにな……。

・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

容姿の可愛さもさることながら、マッサージ&プレイの満足度。何より彼女の性格の良さと、まるで長年の友達かのようにフレンドリーで明るく、時折いい具合にフランクに接してくれるところが人気の秘訣かと。こりゃランカーなのも納得だわ。会って話すだけでも楽しいもの。


00300702_girlsimage_02



射精勢い度(五段瓦評価) : 4.5
tile4-5



※上の瓦は5段階評価をつけてます。そして瓦5個目が割れることも……(ヒビが入ると4.5)。それが何を意味するのかはみなさんのご想像にお任せします。 ですがプレイ内容等は主観で感じたもので、事実のみを書いています。 その点だけご了承して頂ければ幸いです。

※遊びに行った際、お店で「体験ブログ見た」と言って頂いてる神様のような読者様へ。ありがとうございます。その一言が、もっと多くの瓦割り娘のご紹介に繋がりますのでよろしくお願いします。
 
フーゾクDXはこちら♪

00326670_girlsimage_01
オフィシャルHPはこちら
女の子詳細はこちら


書くことが思い付かないときは過去の自分を切り売るスタイルなので、バイト話の続きをしようと思う。

コンビニバイトを辞めた後、引越し先近所に宅配寿司屋ができ、そこのオープニングスタッフとして働き始めた。副店長が元オ○カーでマネージャー業をやってた人で、青○典子の悪口を散々聞かされて面白かった。

当時はスマホなんてものは無いから、事務所にあるでっかい地図を確認して記憶して配達先に向かっていた。初日、完全に迷子になってご迷惑をかけたが、配達先の老夫婦は文句ひとつ言わずのいい人で助かった。完全に寿司寄っちゃってたけど。

夜はそれなりに忙しいが、平日昼間は注文も少なくやることがない。皆さんにも経験あると思うが、ポストにチラシが入ってることがあるでしょう。そう、仕事がないときはチラシのポスティングをしています。

とは言え俺はクズっぷりを発揮していたので、400枚くらい持って店を出て、自宅にどさっとチラシ置いて3時間くらい潰して戻る――みたいなことやってましたね。そのうち同じバイト先のクズと、ポスティング行くフリしてウイイレやってた。一度もバレなかったし、賄いも寿司食えて最高だったな。

宅配寿司屋の繁忙期は年末年始だ。この時期は地獄という噂を聞いていたので、帰省する体にしてシフト表スカスカで出したらメールでめっちゃ怒られた。「再提出か、このままで行くつもりならクビ」と来てたので、そのままバックれました(そのクセ、働いた分の給料はきっちり請求する)。忙しいくせに時給20円しか上がらないんよ? 時間いっぱい働くとかやってらんない!(バイトってそういうものでは)


思い出話終了。まだ続きます。
さて、今回は蒲田にある【ウルトラセレブリティ】で遊んできた。

image

70分総額21,000円。
(※70分19,000+入会金2,000+写真指名0)

時間帯によって値段が変動するので要注意。


蒲田と言えば、一時期「文学フリマ(通称文フリ)」は蒲田駅にある展示場・PiOで開催されていたので、それなりに馴染みのある場所だ。今でも同人誌のオンリーなんかが開催されている。

蒲田駅を降り、受付のあるビルへと向かう。中は複数店舗の受付があるが、本店は入って正面。
優しそうな店員さんに諸々説明を受けて、料金を支払う。

そして入ったホテルは、受付から10分程度歩いたところにあるビラセンメイ。ショートタイム3Hで4,200円だったかな。部屋によって値段は変わります。綺麗で良いホテルよ。

ブログ用_181029_0167

一服して歯を磨いて待つこと10分ほど。
到着したようだ。

ガチャリ。
「こんにちは~美優です。よろしくお願いします♥」
「えーめっちゃイケメンじゃん、超緊張するんだけど」

そんなに褒めても何も出ませんよ。出るのはザー汁だけってな、ダハハ!


とまれ、ソファに腰掛けてもらい談笑。
話している最中も、ずーっと俺の手を握りながらなのがGood。こういう細かい所作で、恋人気分なりドキドキ感が増幅されるんスよね。

美優さん、大変スレンダーで美人。カワイイというよりかは、キレイ系ですね。
少し面長な美人、というところでAV女優の森沢かな(飯岡かなこ)さんに似てらっしゃる。

BlogPaint

お互いの容姿を褒め合うという謎の時間(?)を経て、とりまシャワーへ。

「わたし、胸小さいからあんま見ないでよ~」と、部屋を暗くして恥じらう姿が何ともいじらしい。まあガン見しますけどね!!! どうせシャワー一緒に入ったら明るいし!

彼女の言う通りおっぱいはBカップくらいと小さめ。乳首はピンク色で綺麗なので、別に巨乳好きではない俺としては全然問題なし。そして何より、くびれの付いた美しい曲線美を描くボディ……。下は処理してないようでしたが、濃すぎず薄すぎずのナチュラルな状態。

シャワーで洗ってもらいながらおしゃべり。これ以外にも仕事を掛け持ちしてるそうで、なかなか忙しそう。

「美優ちゃんはどこが弱いの?」
「一番はおっぱいだけど、気持ちよくなってきたら全身敏感になっちゃうかも///」

インプット完了。
お店プロフにも書いてたけど、基本受身タイプのようなのでたっぷり責めさせていただこうかしらね。


シャワーを終えて、ベッドへ。
まだ緊張する~とか言ってるので、俺まで緊張してきたよ。

彼女のエロスイッチを入れることに専念しよう。

ベッドに横たわる彼女の頭をふんわり撫でながら、軽く唇を重ねていく。チュッチュと恋人同士のような軽いキスを続けながら、耳元や首筋をなぞるように触れていき、徐々にそのまま舌を絡めていく。

応えるように彼女も舌を出してきて、濃厚なディープキスを堪能していく。敏感な部分へのフェザーを続けながらキスしていくと、彼女のスケベギアも1速くらいに入ったのか、時折悩ましげな吐息が漏れてくるようになってきた。

お互いの口周りがべショベショに唾液で汚れてしまうようなDKを続けながら、身体に巻かれていたバスタオルを優しくほどき、微乳ちゃんに手を掛けていく。

そして指先で軽く乳首に触れてあげると、「んっ」と快感の声が。

よーし、今日はおじさんたっぷり攻め上げちゃうぞ。

キスを切り上げ、首筋からおっぱい方面へとリップ。
ちっぱいを包み込むように揉みながら、焦らすように乳輪周りをぐるんぐるんと舐め回す。

たっぷり焦らしが完了したところで、やっとこさ彼女の乳頭をペロリと。

「んんんっ……」

キレイな乳首が徐々にツンと上向きになってきた。

「美優ちゃん、おっぱい弱いって本当だったんだね」
「嘘つかないよ~~アアっん」
「じゃあ沢山おっぱい舐めるね」
「意地悪ぅぅ~~~!」

お姉さま系の雰囲気を醸し出しているが、皮をむけばそこにはドMのオンナが居た。

左右乳首を交互に舐める→繰り返しつつ今度は空いた方の乳首を指で同時責め→さらに繰り返しつつ脇腹や太ももなどを焦らすようにフェザータッチ。

上記が俺の攻め方となっております。もっと効果的な焦らし方があれば、俺っちに教えてくれよな!
いきなりオマンコにかぶりつきたい気持ちも分かるが、ゆっくりと発情させたほうが効果的な場合もある。

BlogPaint

おっぱい舐めから、先程フェザーで責めていた所を今度は舌で後追いしていく。
脇腹、太ももをハムハムと。

さて、肝心のおまんちょすはどうなってますでしょうかね。
グイッと大股開きにさせようとすると、

「恥ずかしいからダメ……」

と、固く締めつつ手で隠してくる。美優ちゃん、そんなことされたら逆効果だよ! 余計に見たり触ったり舐めたくなっちゃったもん!


強めの力でM字開脚にさせると、顔を覆いながら恥ずかしがる。
暗がりで様子が分からないので、軽く人差し指でワレメへ触れてみる。

びっちょびちょのぬっるぬる。

今年出会った女性の中で1,2を争うほど濡れてたかもしれない。マン汁オブ・ザ・イヤー2018、堂々ノミネートです!(たぶん絶対に嬉しくないと思う)

「美優ちゃんめっちゃ濡れてるんだけど(半笑いで)」
「もーうううう言わないでよ! お兄さん上手なんだもんっ」

えへへ(´∀`∩)

アナル通り越えて、シーツに染みが出来るほどにジュースが漏れちゃっている。美優ちゃんのマン汁水道管、完全にバカになっちゃってるな。

ぺろんとすくい取るように、ワレメちゃんをクンニ。ペロペロしてるうちに彼女の嬌声がさらにボリュームアップしてきたので、徐々にクリ中心の責めへと移行していく。

ぬるぬるしすぎて、どこがクリトリスか分からないという謎状況に置かれたので、土手あたりを軽く引っ張り、クリトリスを露呈させて優しく舌先でつっついていく。

「ダメ、そこほんっとにダメ……ェェッ!」

と口では言いつつも、さらにマン汁を分泌させながらよがり狂っているので、中指を彼女の膣内に挿入しナカ・クリの同時攻めへ。ダメって言われたら、絶対にやりたくなっちゃうのが俺なんだよ!(過去それで何度も失敗してきた経験あり)

DqBhz0IU8AAAIku

キツすぎずユルすぎずのゆるふわオマンコをクイクイッと責めつつ、舌はクリトリス、空いた左手で乳首をさわさわというドスケベ三所攻め。

彼女の絶叫にも似た喘ぎが響き渡るが、絶頂までは導けそうもないのでここらで切り上げる。俺の手マン筋も限界になってきたしな。


ハァハァと余韻に浸る彼女にバレないよう、マン汁まみれの口元を布団で拭きつつ、軽くキスをして横に並ぶ。

「久ッ々にこんな気持ちよくなっちゃったかもしれない……///」

本当か嘘かは確かめようがないが、その一言を頂けるのは男冥利に尽きるってモンよ。

嬉しすぎてチューしたら、今度は彼女が上になって責めてくれるようだ。


攻守交代。

DKをしながら、俺の乳首に触れてくる美優ちゃん。思わずビクッと反応してしまうと、

「乳首弱いんだ~かわいい♥」

お姉さまにカワイイって言われるの、悪い気しないっすね。よーし、存分にアヘアヘ感じまくっちゃうぞ!(度が過ぎるとキモいので、丁度いい感じで)

ペルペルと乳首を舐めながら、細い指でもう片方も触ってくれる俺の大好きな乳首なめ。そんなんされたら無条件でビクついちゃうし、下腹部が熱くなってしまいますわい。

上目遣いで乳首舐めをし、俺が嬌声を上げると小悪魔スマイルで見つめてくる様子が最高にエロい。俺が童貞だったら、こんなお姉さんに奪ってもらいたい。もう叶わないが。


乳首を舐めながら、俺の下腹部へと手を伸ばしてくる。
気持ちよすぎて、美優ちゃんに負けず劣らずの分泌量だし、すっかりチンポCRAMP DISCHARGER状態!



俺のチンポをツンツンと遊ぶようにいじくり回して、ゆっくりと咥えこんでいく。
まるで低反発枕のように、ぴったり口内で優しく包まれていく。テンピュールフェラチオ。

先程のお礼返しとばかりに、ねっとりたっぷりとチンポ全体を舌で、口で弄んでいく。

亀頭中心にちゅぽちゅぽ舐めたかと思えば、舌でレローンと側面や金玉をベロンベロンと舐め回していく。
彼女の唾液で下腹部が完璧にコーティングされてしまった。

やられっぱなしはアレだし、お互いが高まった状態で最終形態に臨みたいので、そのままお尻をこっちに向けてもらいシックスナインへ。

ぷりっとした小尻を掴んでベロベロと舐め回し、その気持ち良さでフェラチオが疎かになる。しかし思い出したかのように俺のチンポをジュポジュポとフェラチオし今度は俺が――という繰り返しを経て、ラストの素股へ。


正素→騎→後→正。

唾液&ラブジュースでヌルヌルになったオマンコへ、俺のいきり立ったブツをこすり付けていく。ローションマジで不要。

前後へ擦りつけていく度、彼女の喘ぎ声が。そして俺の太ももや手をぎゅーっと強めの力で握ってくるのが、最高に可愛らしいし恋人っぽくて興奮する。

BlogPaint

動いていると、彼女の方からキスを求めてくるので、覆いかぶさってDKをしつつも腰を振っていると、危うく事故りかけそうになる。あぶねえ。

「ごめんごめん、わざとじゃないんよ」
「分かってるよ笑。ねえ……?

アイコンタクトで何某かの合図を送ってくる美優ちゃん。どうしたのかな、トイレにでも行きたいのかな?(最高に野暮天)

お互いの気持がひとつになったようだ。快盗チェンジ!

BlogPaint

先程よりも密着度も高まり、彼女の声もさらにボリュームアップ。

騎乗位体勢になり、彼女のヒップを掴みながら、下から突き上げるようにパンパンパン・パンパンパン・パンパンパンパンパンパンパン――と三三七拍子のリズムで攻め立てていく。

「それ、それダメ、いいとこ当たっちゃう……ゥゥゥッッ!!!」

と、俺の身体を物凄い力で抱きしめながら快感の声を上げる。

最後は彼女の表情を見ながら果てたいので、正常位体勢に戻し、おっぱいやクリを触りながらピストン運動を激しくしていく。



「ダメダメ! イク、イっちゃうゥゥゥゥ~~~~~!!!!!!!!」
「美優ちゃん、俺もイきそう……ああぁぁぁーーー!!!」



パンパンパンパンパン!!

グッドリズム!! グ――――ッドウィドゥム!!

201501271700027cf




ふう。
たっぷり出ました。

「すごい、一緒にイっちゃったね……♥」

わりと時間いっぱいだったので、急いでふたりでシャワーを浴びる。「誰でもって訳じゃないからね、お兄さんがタイプだったから」と、謎に軽く怒られました笑

いやー最高でしたわ。

・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

00326670_girlsimage_01



射精勢い度(五段瓦評価) : 5
tile5a


※上の瓦は5段階評価をつけてます。そして瓦5個目が割れることも……(ヒビが入ると4.5)。それが何を意味するのかはみなさんのご想像にお任せします。 ですがプレイ内容等は主観で感じたもので、事実のみを書いています。 その点だけご了承して頂ければ幸いです。

※遊びに行った際、お店で「体験ブログ見た」と言って頂いてる神様のような読者様へ。ありがとうございます。その一言が、もっと多くの瓦割り娘のご紹介に繋がりますのでよろしくお願いします。
 
フーゾクDXはこちら♪

00290470_girlsimage_01
オフィシャルHPはこちら
女の子詳細はこちら


先日、メットライフドームでCS第5戦を見てきました。
本当は第4戦のチケットを取ろうと思ってたんですが、発売開始と同時に予約ページが激重。F5連打で何とか繋がった頃には全席完売。とりあえず5戦目はまだギリギリ買えたので慌てて確保。

3連勝で日本シリーズ行って、このチケットが紙屑になればいいのにな……とは思いましたが、蓋を開いてみれば2勝3敗で逆王手。

同行予定の友人にドタキャンされたので、数年ぶりに会う別の友人を誘って久闊を叙してまいりました。

ブログ用_181023_0164

結果は知っての通り。
もうね、敗因は「西武よりソフトバンクのほうが強かった」というシンプルな理由だと思います。圧倒的な総合力の差。パワーにパラメータ全振り野球でも、下位相手なら勝てるかもしれないが、こと短期決戦でソフトバンク相手では歯が立たない。こちらはいつも通りの野球しか勝ちパターンがない中、向こうはCSの対西武に絞った、フレキシブルに対応できる野球だった。それが出来るほどの選手層の厚さ。

来年は浅村も菊池もいなくなり、欠点である投手陣も今のままでは……大型補強しないと、優勝の二文字はまた遠くなりそうだ。ファンなので期待はしておりますが、ガラっと変えてかんとダメかもしれんね。

試合終了後は、池袋に戻ってきて友人とヤケ酒を飲んで帰りました。松井稼頭央の現役ラスト試合に立ち会えたのは思い出に残るかも。


さて、そんな俺が帰り道にゲロを吐いた街・池袋に(最低)、お詫びとばかりに金を落としてきました!
【池袋コスプレ痴漢電車】だ!だ!だ!

image

通常60分20,000円だが、DXの特別割引を利用して14,000円だ!
しかも新規だけでなく会員も利用できるってんだから、太っ腹価格よ。


池袋北口から少し歩いたビルに受付が入っている。スムーズに料金を支払い、痴漢する子のコスチュームを選択する。

学生服はもちろん、OLやメイド、スク水なんかもあったりする。スク水の子が電車に乗ってるシチュなかなか思いつかないけど、貴方の妄想力で物語を展開させてください。

1540274205038

俺っちは秋っぽい天気に合わせて、カーディガンを選択いたしました。


受付を後にし、向かったホテルはアトランタ。ショートタイム2Hで3,500円。
ここはお値段の割に部屋もきれいだし、スタッフの対応も良いのでおすすめ。

ブログ用_181023_0163

お店に部屋番号の連絡をしたら、いつでもシャワーに入れるように全裸待機(※本当はタオル巻きで大丈夫です)。

みなさん知ってますか、全裸で「U.S.A.」を踊るとめちゃくちゃ楽しい気分になりますよ。終わってゼェゼェ言ってると、急速冷凍かのように一気に死にたくなりますけど。


とか何とかやってるうちにコンコンというノックの音が響く。来たな。

対面しないようにドアを少しだけ開けて、そこからイソジン・グリンスの入った小袋を渡される。そしてそのまま独りでシャワーへ行くという流れだ。

シャワーを浴びている間に女性が準備をしているので、入念に体を洗う。この時間、どんな風に痴漢をするか、いろいろ逡巡できるアイドリングとしては最適だ。
女子の準備が完了すると浴室ドアをノックしてくれるので、それキッカケで出ましょう。

身体を拭いて部屋へと向かう。

指定したカーディガン姿&アイマスクで、つり革に身を預けている【ひなの】ちゃん。
00290470_girlsimage_03

全裸状態で彼女に近づいていく。これはもう痴漢とかでなく変質者では?

ハァハァと耳元で息を荒げながら、自分と彼女の両方に痴漢イメプを意識させる。

そしてぶつかったのかな?程度にお尻へ手を掛けると、軽く身をよじって避けようとする仕草を見せる。リアリティがありますね。

そして、今度は思いっきり尻を鷲掴みにして、スカートの上から、そしてたくしあげて揉みしだいていく。最初は抵抗していた彼女も、徐々にか細い喘ぎ声を漏らしていく。

イヤって言ってたわりには、身体は正直じゃないか(性犯罪者の理論)。


男優始めた駆け出しの頃、何度か痴漢モノの現場に行くことがあった。保谷や美女木には電車スタジオがあるので、大抵の痴漢モノAVはそこで撮られていると思ってくれていい。

もちろん駆け出しなので、絡みなんかはさせてもらえない。大抵は「壁役」
男女がまぐわっている様子を「人の壁」になって、周りから見えないように隠蔽するという役柄だ。痴漢幇助者の役割ですね。

この壁役というのは本当にキツい。
絡みシーンというのは撮影が2,3時間掛かることが常で、その間ずっと立ちっぱなのだ。俺は文庫本持って何とかヒマを凌いでいたが、足が段々プルプルしてくるのよね。

ベテラン壁役になると控室には待機せず、先に電車座席に座って待機して、シーン中もそこに陣取るという頭脳プレイを駆使している。座れるんなら2時間も苦痛じゃないよな。

なので電車やバスなどの撮影は、駆け出しEX男優は嫌がる傾向にある。俺も2回くらい行って、それ以降は先約があると嘘をついて断っていた。仕事選べる立場でないのは分かってるのだが。


話を戻す。
いきり立ったチンポをケツに押し付けながら、彼女を後ろから抱きしめるような体勢でおっぱいをまさぐっていく。服の上からでもシッカリとした弾力の手応えを感じる。

o1680256013886192298

モミモミしていると、彼女の息がどんどん荒くなっていくのが分かる。
うむ、スケベドM確定のサインと言っていいだろう。

彼女のパンツを下までズリ下げ、お股の間に挟み込んでの立ちバック素股のような状態。

前後に動かしながら、彼女のブラの間から乳首を触っていくと、どんどん下腹部の滑りが良くなってくる。

それに伴って俺のチンポ硬度もさらに増してきたので、彼女にチンポを握らせ、しゃがみこんで口を開けるよう促す。

JKひなのちゃんをかしずかせて、その小さなお口にゆっくりと肉棒を差し込んでいく。

始めこそビクッと驚いた反応を見せたものの、徐々に自らチンポを握って前後にストローク運動を。

亀頭を舌先でチロチロ、そして咥えこんでとお手本通りのフェラチオ。「はじめチョロチョロ、中パッパ」ってこういうことですかね(違うと思います)。

辛抱たまらんくなってきたので、彼女の腕を取り、痴漢タイムは終了してベッドへと誘導していく。


ベッドに彼女を寝かせて、覆いかぶさるように唇を奪っていく。

もう彼女は痴漢されていた被害者から、快感を求めるドスケベJKに変貌している。唇を重ねると自ら舌を割り込ませてくる。情熱的で淫靡で濃厚なディーップキッスだ。

いつの間にか彼女の手が俺の身体をぎゅーっと抱きしめるように唇を求めてきている。欲情スイッチ完全にONになりましたね。

舌を絡ませながら、彼女の小ぶりながらもフヨンフヨンとしたおっぱいを揉み揉みしていると、

「はっ……ンン……はぁ……」

と、喘ぎ声が聞こえてくる。
ン゛ザイ゛ゴォ゛ォ゛ォ゛ォ゛ォ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


固くなっている乳首をコリコリしていると、さらにその声のボリュームは上がっていく。

キスを切り上げて乳首へと舌を伸ばしていきましょう。

乳首をぺろりと舐めあげると、ビクンッと身体を跳ねさせて感じてくれる。

「ひなのちゃん、乳首よわいの?」
「ん、ダメぇ……!」

こちらももうダメになりそうです!!!!!


両方のおっぱいを散々責めながらも、いつものように脇腹・太もも・ワレメ周辺をフェザータッチで焦らすように触っていくと、くすぐったいのかゾクゾクするのか、身体をくねらせている。

さて、そろそろ。
彼女の上はお毛毛を残しつつ周りは処理されたオマンコに触れてみる。

しっとりと熱い粘液が指先に。

念の為、中指を唾液で濡らして中につぷぷっと。
熱く、ぬるっとしたオマンコ内部。柔らかい肉ひだが俺の指を優しく包んでくれる。いいねいいいね。
 
膣圧確認をしたところで、今度は舌での触診をしていきましょう。

ワレメを優しく開き、べっしょべしょのラブジュースを舌で舐め取っていく。

うむ、粘度も塩分も最高(言ってることは最低)。

固くなったクリトリスを舌先で優しく弾いていくと「あぁっ、ダメ……っ」と嬌声が漏れ出てくる。

止めどなく溢れ出てくるマンジュース。
そして抜群の感度。これ以上何を求めようか。

指を再度挿入してのクリ攻めを楽しんでいく。

「それ、だめ! ああああぁぁぁ~~~」

こんな電車があったら毎日でも乗り込みたいわ。
JRさん、女性専用車両も大事ですけど、淫乱専用車両も需要あると思うんでいかがでしょうか!(提案即罷免)


攻守交代。アイマスクを外そう。

うむ、ちとギャルっぽい雰囲気のかわいこちゃん(死語)だ。
1540172423_YKWafY1539924640_Tbmz2d
(※写メ日記より)

散々プレイしまくった後なのに、この瞬間だけはなんかお互い照れますよねw

上下逆転して、彼女のキスからスタート。

顔が見える状態になったので、先ほどとはまた違うキスの悦びがありますね。求め合う男女が対等になったというか何というか。

首筋から乳首へ。

ペルンペルンと舐められていると、俺の暴走特急チンポ号からオイル漏れしてくる(全然うまくない例え)。

それより何より、俺の太ももに跨がりながら乳首を舐めてくるので、彼女のべちょべちょ股間の感触がダイレクトに伝わってくるんですよ!!!

最高にスケベ。

狙ってるのか偶然なのかは分からんが、この状態は本当にエロいのでもっと皆覚えて欲しい。


そしてチンポへ。
先程もフェラチオはされたが、今度はノーハンドで頭全体を動かしてくるフェラチオだ。

ディープに上下ストロークをされていると、大変気持ちがいい。
このまま眠っちゃいそうなくらいの、癒し系フェラ(意味不明)。

ねっとりと竿全体にゆるやかな丁度いい圧が掛かってくるのが、いいのよね。

しかも、玉や乳首も時折触ってくれるのがポイント高い。



69を挟んでお互いの性器がびしょびしょになったところで、最終形態へと移行しましょう。

騎→後→正。

性器同士を擦り合わせていくと、粘液がこすれるいやらしい音が。
グイングインと前後に腰をふる。グイン・サーガ(言いたかっただけ)(栗本先生に土下座しろ)。

彼女を引き寄せて、キスしながら腰を動かしていくと危うく事故りそうになってしまった。すめんすめん。



「……いいのに……」



BlogPaint

俺は聞き逃さなかったぞ。

先程より密着度を高め、今度は俺が下から突き上げるような形でパンパンパンと腰を振っていく。

「あっあっあっ、ンンンンン~~~!!」

スケベサウンドがホテル内に鳴り響いていく。

ヌルヌルの感触をチンポに感じながら体位をバック、そして正常位へと切り替えていく。


正常位になり、彼女のおっぱいを舐め、覆いかぶさるように唇を奪いながら腰を叩きつけていく。

あーーーやばいやばいやばい。きたきた。


ひなのちゃん、発車、もとい発射しますよ!!!!!




パンパンパンパンパン!!

グッドリズム!! グ――――ッドウィドゥム!!

201501271700027cf



ふう。
直前で腰を引いて、最後はお腹に発射。

と、ここでタイマーの音が。危ない危ない、長引いて延長しちゃっても遅延証明は出ないからな。

撮り鉄、音鉄といろいろ鉄道ファンには楽しみ方がありますけど、俺は乗り鉄ですね!!!!(そういうことではない)

・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

00290470_girlsimage_02



射精勢い度(五段瓦評価) : 5
tile5a


※上の瓦は5段階評価をつけてます。そして瓦5個目が割れることも……(ヒビが入ると4.5)。それが何を意味するのかはみなさんのご想像にお任せします。 ですがプレイ内容等は主観で感じたもので、事実のみを書いています。 その点だけご了承して頂ければ幸いです。

※遊びに行った際、お店で「体験ブログ見た」と言って頂いてる神様のような読者様へ。ありがとうございます。その一言が、もっと多くの瓦割り娘のご紹介に繋がりますのでよろしくお願いします。
 
フーゾクDXはこちら♪

00327050_girlsimage_01
オフィシャルHPはこちら
女の子詳細はこちら


前回バイトの話(落ちたけど)をしたのと、最近掟ポルシェ『男の!ヤバすぎバイト列伝』を読んだので、過去にやったバイトの話なんかをしようかと思う。

初めてのバイトは、上京してすぐの大学1年生、近所にあったサンクスの22-6時の深夜勤務だった。これは後にも先にも一番長く続いて、2年くらいやったろうか。引越しのタイミングで止む無く辞めた。めちゃくちゃユルくて、出勤したらまず届いている商品を品出しする。これが大体1~2Hくらい、そのあと今度はお弁当が来てまた品出し1Hで、この時点で深夜1時くらい。

そこから4時半頃に新聞・雑誌が来るまでなーーーーんにもすることがない。深夜は基本ふたり体制なので、ひとりはバックヤードで休憩して、もうひとりもレジ付近の事務所で廃棄弁当食ったり雑誌読みながら客が来たらレジ対応する。これを30分おきに交代して繰り返す。

5時過ぎになるとブルーカラー系の客が続々来るのでそれを対応してるうちに朝番の人がやってきて「お疲れ様でーす」みたいな感じ。休憩含めた8時間勤務の間、丸々3~4時間することないって最高すぎん?

バイトリーダー的ポジションだったUさんには一度も怒られたことがなかった。夜中お腹が減って勝手にフライドチキン作って、新商品のジュースを無銭で飲み食いしたときがバレたときも「それどう、美味しい? あ、チキン俺にも作ってよ」と、一切お咎め無しな上に仲間意識が芽生えた(※あとで同世代のバイト仲間と話したらみんなやってた。赤信号、みんなで渡れば怖くない!)。休憩時間になるといつも、裏でパチスロ雑誌読みながらタバコふかしてたUさん、元気にしているだろうか。

基本的に労働意欲が薄く(今もだが)、時間を何とかやり過ごして給料をもらうことに命をかけていた。なので掟さんのエッセイ、ダメな方向に超共感した。

バイト話は尽きない上にまだ引き出しあるので、今回はこれくらいにしておこう。


労働意欲は皆無、勤怠態度は最悪だけど、性欲だけは人一倍あるので今日も風俗に行った話をします!
今回遊んできたのは【ちぇっくいん横浜女学園】
image

お店のHP割引を利用して60分16,000円!(指名料2,000円含)

さらに45分の特別割引もあるのでチェック。このお店は来店時間によって料金が変動するので要注意。


さてお店の形態としては俗にいう【イメクラ】ってやつだ。痴漢や拘束、逆痴漢などのコースを自由に選べる。

更にこのお店のすごいところはコスチュームの数! リンク先を見てもらえば一目瞭然、実際の某学校で使われているモデルの制服がずらーーーーっと並んでいる。壮観。制服だけでなく体操服やアニコス、職業系制服などもあるので、好事家の人にはたまらんこってしょう。

……と言いつつ俺は今回コスチュームもイメクラっぽいコースも選ばなかったのだが。なにせ超タイプの子を指名しちゃったので、【Cコース:恋愛プレイ】でおうちデート気分でひたすらイチャイチャしたかったのだ。


関内駅から伊勢佐木モールへ歩き、一本入ったところにお店の受付がある。

平日の真昼間だっちゅうに、先客の初老のおじさんがいたので、しばし待機室で待たせていただく。

ブログ用_181016_0161

パリッとしたシャツを纏った店員さんに料金をお支払いし、近辺のホテル事情に疎いのでいくつか紹介していただく。

利用したのは横浜タウンホテル。値段忘れたけど3000円くらいだったと思う。ラブホというよりかはビジホですね。禁煙・喫煙室を選べるので、少しでもヤニ臭がダメな人はフロントに伝えましょう。

ブログ用_181016_0160

お店に部屋番号を連絡して待つこと10分ほど。コンコン。キマシタワー!  がちゃり。

「こんにちは、じゅんです。よろしくお願いします〜💕」

か・わ・い・い!!!!!

ショートカットにアッシュ系の茶髪。笑顔がキュートで、俺の好みど真ん中だ。

肌寒い日だったので、シングルのライダースを羽織ってるのも好感度高い。

とまれ中へ引き入れて、ベッドに腰掛けて雑談タイム。最初は天気やお仕事などの当たり障りないトークテーマからスタートし、徐々にパーソナルな話も聞いていく。

「お休みの日とかは何してるんですか?」
「本読んだり映画見たり、あと昔バンドやってた熱が再燃してきたから近頃はギター触ったりとか」
「わたしも昔ベースやってました!偶然〜」
「おっ、そうなんだ。好きなアーティストとかいるの?」
「世代じゃないから友達とかとは話し合わないんですけど、GLAYが一番好き!」

たしかにまだ20代前半でGLAYファンは珍しい。俺は特別ファンでもないけど「彼女の“Modern…”」とかコピーしたな。

と、共通の話題を見つけて(素股三四郎メソッド)盛り上がったところで、そろそろシャワーでも浴びましょうかいね。

業界未経験のシロートちゃんなので、部屋を軽く薄暗くしてから脱衣。ムードも出ますし。

しゅるるっと衣服を一枚一枚はだけていくと、彼女の美白肌が露わになる。美しや。

おっぱいはDカップとちょうどいいサイズで、乳首も大きすぎず小さすぎずのノーマルタイプ。
スレンダーという程ではないが、決して太くもない良い肉付きで、アソコは生やしっぱなしのナチュラルトレジャー(意味不明)。

先にお風呂入ってシャワー温度の調節とかしてたら、「ありがとう〜優し〜い✨」とお褒め頂きました。こういう細かくて姑息なポイント稼ぎが、のちのちボディブローのようにじわじわ効いてくるのよ。風俗に限らず、女性と接する時の常識だぞ。

ブログ用_181016_0162

シャワーで散々いちゃこらして、ベットで先に待つ。

タオル巻きでやってきた彼女の横に近付き、軽いキスをしながらタオルを外し、そのままゆっくりと仰向けに寝かしつけていく。

お互い少しだけ見つめあって微笑んだら、今度は濃いめのディープキッスへ。

舌と舌を絡ませて、彼女の唾液を嚥下して味わっていく。ほんのり甘みがあり、いつまでもキスを楽しんでいたい。

舌を絡ませながら耳元、そして首筋へ指を伸ばすとピクンと反応する。うむ、良き哉良き哉。

「じゅんちゃん、どこが感じやすいの?」
「わたしホント乳首弱くて……///」

C0rbT23UsAA1hVq
ではでは。
そのまま首筋→耳元→乳首へと舌を這わせていく。

小さすぎず大きすぎずのジャストサイズおっぱいに、綺麗な乳首。
乳輪周りから焦らすように、ゆ~っくりと責めていく。

段々と収縮していく乳輪、そしてすぐにコリコリに硬くなっていく乳首。いざ。

舌先でツンと乳首をつつくと「んっ、ん~……」と声が漏れるじゅんちゃん。

コロコロと口内で転がしたり、触れるか触れないかくらいで乳頭を刺激したり、側面をクルンクルンと。

俺に「乳首が弱い」という情報を漏らしたのが運の尽き、たっぷり左右交互を繰り返し舐めまくっていく。

乳首を舐めながらも脇腹や太もも、陰部周辺をさわさわとするいつもの責め方。ルーティンみたいになってるから、もう少し引き出し増やした方がいいんやろな……。貴方のおすすめテクニック情報、どしどしコメント欄で教えてくださいっ!


さて、リップ攻撃も徐々に下へ移動していき、ついに我々のオアシスakaおまんこへと辿り着いた。

指で触れるまでもなく一目瞭然、陰毛にびっちょりとスケベジュースがまとわりついている。
乳首が弱いという言葉に偽りはなかったようだ。ディモールトベネ。

「じゅんちゃん、ホントに敏感なんだね。すっごい濡れてるよ」
「やだ、恥ずかしいから言わないで!エッチ!」

顔を覆って超恥ずかしがる様子が最高にいじらしいぜ。その仕草、俺のS心をさらに刺激すると知ってか知らずか!

クリを触りながら再度キスを試みると、先ほどより激しめに自ら舌を滑り込ませてくるにゅるんにゅるんDK!!!!! エロスイッチが完全にONになったようだ。

時代劇とか見てるとキスのこと「口吸い」って言うけど、その単語がぴったりくるほど。どちらかといえば「舌吸い」か。


唾液を充分に味わった所で、次は下の唾液も……ね。
少しおしっこの匂いが漂う、スケベなおまんちょす。

ペロリンと舐めると、塩気のあるマン汁味が広がる……そしてこのマン汁味!(語彙力ゼロ)
BlogPaint
そのまま舌でクリを上下左右ローリングと、乳首と同じように責めてみる。
もう俺の唾液なのかマン汁なのか分からんくらいべっちょべちょッス。

舐めていくうちに、クリがコリコリに勃起していくのが一目瞭然。
一点集中。クリを唇で塞ぎ真空状態にし、ひたすらベロベロンと舐め続ける。

「ああ~、クリらめぇっ! んんンン……ッ!!!!」


執拗にクリ責めをし、攻守交代。

上に覆いかぶさってくじゅんちゃんは、もうすっかり欲求不満なので、舌を絡ませてのディープ接吻。

そして流れるように、乳首へ手を掛ける。

マン汁を飲むと勃起が収まらなくなるという、敏感ソーセージでも食ったんかというくらい反応が良くなる俺だが、乳首を触られると更にカウパーが出てしまうのよね……。
コリコリと乳首を優しく触れてくれると、お腹に透明なカウパー液がポタポタと落ちてくる感触が……恥ずい……。

IMG_2720

うふふと小悪魔的な微笑をたたえながら、舌先を第B地区へ。

舌先を尖らせて丁寧に舐めてくれ、そのまま下半身へ移動。

もう垂れ流し状態になった我慢汁をぺろぺろと舐めとってくれた後、ゆっくりと咥え始める。

亀頭中心に上下運動させるだけの淡白なフェラチオかと初めは思っていたが、段々と唾液多めのディープなストロークに変化し、手コキも交えたリズミカルなフェラチオへと。

うむ、未経験とは言えどフェラチオは過去仕込まれてきたのか上手。こんな美女に初めてフェラチオさせた男、来世は絶対に人間になんか生まれ変われないぞ!畜生か虫ケラが関の山だ!


すっごい気持ちいい……でも俺もじゅんちゃんの舐めたいな、とおねだりして69へ。

キレイなまんまるヒップを撫で回しながら、まるでポタポタと垂れてきそうなくらい濡れそぼったおまんこへ一心不乱でかぶりつく。

「ああっ、そんなに音立てて舐めないでぇ」

と言いつつ、時折快感で手が止まりながらもジュポジュポとフェラチオを続けてくれる。あー、人生最高の瞬間(大げさ)。


お互いの性器とスケベボルテージが上がったところで、そろそろ素股へ行きましょうか。

正→対騎→騎→後→正。

お互いの唾液で濡れた性器同士を擦り合わせていく。ぴちょんぴちょんと粘液の音が鳴り響いて大変にいやらしい。

亀頭をクリに擦り付け、彼女自身の入口付近をくちくちゅと刺激していく。やべーーめっちゃ◯◯◯してーーーー!

そんな気持ちが伝わったのかどうか、彼女の口から、

「ねぇ……して……?」

という言葉を引き出すことに成功。改めて言っておくが、俺は当blog記事内で一度も強要はしたことがない。合意の上。まあ何のことかは各々の胸で考えてください。また怒られて記事消したりするのイヤなんで。

何も纏わない状態で、密着度を高めていく。

「ああっ、気持ちいい……」

その言葉を聞けただけで、わざわざ横浜くんだりまで来た甲斐があるってモンよ。

身体を重ねながら、唇を合わせていく。KISSから始まる夜は熱く Because I loveyou...(突然のGLAY


じゅんちゃんのローションいらずマンコが俺のチンポにまとわりついてくる。
トロマンを感じながらおっぱいを優しく揉んだり、乳首をコリコリとつまんだり。ラジバンダリ。

「あ~ん、あんっ! あっあっ…気持ちいい……っ!」

眉間に皺を寄せて、全身で快感に身を委ねるじゅんちゃん。

そんなスケベな表情見せられたら俺のチンポも限界なので、ギュッと抱き抱えるようにして体位変更。

まんまるヒップのバックを楽しんだら、ラストは正常位へ。


「ああっ、じゅんちゃん、気持ちよすぎてもうイっちゃいそう」
「うん、一緒に、一緒にいこ?」

彼女の唇を奪いながら、全力で腰を振り続ける。


パンパンパンパンパン!!

グッドリズム!! グ――――ッドウィドゥム!!

201501271700027cf



ふう。

直前で腰を引いて、最後はお腹に発射。

もうタイマーも鳴った後だったので、急いでシャワーを浴びて部屋を出る。

ホテルを出てすぐのところにトラ猫がいたので、ふたりでかわいいねぇと戯れておりました。お皿置いてたし、ここで飼ってるか餌付けしてんのかな。

はー、じゅんちゃんとネコ飼って幸せな家庭を築きたい……至福の時間や……。

・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

00327050_girlsimage_03



射精勢い度(五段瓦評価) : 5
tile5a


※上の瓦は5段階評価をつけてます。そして瓦5個目が割れることも……(ヒビが入ると4.5)。それが何を意味するのかはみなさんのご想像にお任せします。 ですがプレイ内容等は主観で感じたもので、事実のみを書いています。 その点だけご了承して頂ければ幸いです。

※遊びに行った際、お店で「体験ブログ見た」と言って頂いてる神様のような読者様へ。ありがとうございます。その一言が、もっと多くの瓦割り娘のご紹介に繋がりますのでよろしくお願いします。
 
フーゾクDXはこちら♪

00297132_girlsimage_01
オフィシャルHPはこちら
女の子詳細はこちら


先日、友人に「理想のライフスタイルを送っている人物は誰か」という質問をされてパッと思い浮かばなかったんですが、後から考えてみると俺の理想は今日泊亜蘭先生かなあ、と。

定職につかない所謂「高等遊民」で、好きなことだけを研究し続けるのはかなり理想。まああくまで憧れであって、足元どころか地中100mくらいにも及ばないのは自明ですが。

俺も一時期「高等遊民」とまではいかなくとも、定職につかず毎日フラフラとしている時期があった。とはいえさすがに遊ぶ金は多いほうがいい。そして楽しいほうがいい。

というわけで近所の区民プールが監視員を募集していたので、面接に向かったのだ。毎日水着JS・JCを眺めて金子が貰えるの最高すぎでは?(40overは溺れてようが全力で無視)

面接官はいかにもスポーツマン、みたいな筋骨隆々・逆三角形の兄ちゃんだった。面接とは言ってもいつから出られるか、週どれくらい入れるか、泳ぎは達者か、など簡単なものばかり。俺は週4でも週5でも、と答えてこりゃ受かったも同然やろ――と高を括り、合否が出る前に帰り道で回転寿司を喰ったことだけ覚えてる。

まあ結果落ちたんですけど。
なんでや! 世○谷区民プール! 俺の邪な気持ちが見透かされていたとしか思えない……。

そんな悔しさを取り戻すために、
今回遊んできたのは、池袋にある【コーチと私とビート板】ですっっ!!

image

「生徒へセクハラコース」75分で18,500円!!!
(内訳:75分16,500円+指名料2,000円)

新規の方は特別割引を利用するのがオススメ。


というわけで、受付へ向かい料金を支払ったら、コスチュームや発射回数などをチョイス。今回は競泳水着にしてみました。水着の種類だけでも尋常じゃない量があるので、水着フェチの人はカタログ見てるだけでウンウン唸りそう笑。

cdcaca36

電マとイソジン・グリンスを受け取ったらいざホテルへ。

利用したのはチェックインバリ。
ショートタイム130分で2,970円なり。お釣りの30円で何をするのか、その使い方は無限大!(そうか?)

ブログ用_181011_0159

入室したらまずはお店に電話。部屋番号を伝えたら女性が来るまでにクロスアウツして、タオル巻き状態で待機。まあ全裸でもいいんですけどね。

女性が来たら対面しないようにドアを少しだけ開けて、先方が着替えたり準備してる間にひとりでシャワーへ――という、まあ何度も遊んでる店なので勝手知ったるモンでございます。

タオル巻き状態でぼーっと待つのもアレなので、適当にチャンネル回してたらMXでシティハンターやってました。1期のほうね。

ブログ用_181011_0157

というわけで「Get Wild」を本気で歌いまくっていたらコンコンというノックの音が。来ましたね。どんな子が来るのかしらね……遼ちゃんも思わずモッコリ。

ドアを少しだけ開けると「シャワーお願いします」と促されるので、そのままバスルームへ。受付でもらったイソジン・グリンスを使って入念に身を清めたら、体を拭いて部屋へと戻る。

薄暗い中にヴーンという電マの振動音と、微かではあるが彼女の呼吸音が聞こえてくる。


ベッドに近づくと、指定した競泳水着を纏い、アイマスク姿で電マを股間に押し当てているみくちゃんの姿が。おいおい、待ちきれなくてオナニーしちゃってたのかい!!!?(※基本システムです

まずはまじまじと彼女が自慰に耽る様子をガン見させていただく。
そして、大股開いて電マを当てている彼女の太ももをスーッと指でなぞっていく。

「んっ!」

と、触れられたことによる驚きとくすぐったさとゾワッとする感覚からか、ビクンと身体を跳ねるように反応する。敏感さんですな。

水着の上からワレメへと指を沿わせていく。
うっすらではあるが、湿り気を帯びている。クリは自分で触っても濡れちゃうほど弱いってことですな。ちぃ、おぼえた(CV:田中理恵)。


とりあえずクリは彼女自身に任せるとして、俺はおっぱいのほうを弄らせてもらおうかいね。

わりとタイトな水着なので、少しだけ乳首が浮いているのが見て取れる。うむ、触る際に一目瞭然で助かります。

腰元からおっぱいへと指を滑らせていく。
いきなり乳首には触れず、まずは乳輪周りを焦らすようにグルングルンと触れていく。水着のスベスベが気持ちいいね。

たっぷり焦らしたところでチョンと乳頭に触れる。

「んっ……くっ……」

乳首も感じやすいようだ。これは直接触るしかないな。
水着の肩紐をずらし、おっぱいだけ露わにさせようとする。

するるっ――――ぼろんっ。

でかい。

お店プロフにHカップと書いてあるのは見ていたが、いざ実際目の当たりにすると衝撃的な大きさだ。この水着、さぞや窮屈だったことだろう。着ているときはここまでの爆乳だとは全く知り得なかった。びっくり箱みたいに、開けた瞬間ボヨヨーン!(オーケンの声で)



両胸を水着から出し、寄せるように揉みしだいてみる。

ふよんふよん。

もうね、ドモホルンリンクル使ってるのかなってくらい手の平にしっとり吸い付いてきますよ。
そして何よりこの柔らかさよ。いつまでも揉んでいたいほどの心地よい柔らかさ。無印良品に「人をダメにするソファ」みたいの売ってますけど、みくちゃんのそれは「人をダメにするおっぱい」ですよ(意味不明)。

思わず胸の間に顔を埋めてしまいましたよ。

もうこんなおっぱい眼の前にしたら、次はアレしてこーして……みたいに組み立てていたプレイの流れなんかすっ飛んでしまう。本能の赴くまま、その巨大な双丘にむしゃぶりつくほかない。

乳首は大きくも小さくもないノーマルサイズ。乳輪は色素薄めのピンク色。

手のひらをいっぱい開いて掴むものの、Hカップの爆乳は収まりきらずこぼれてしまいそう。

乳首も感度が良いらしく、くねくねと全身で快感の反応を見せてくれる。


さて、そろそろ下の方も直接拝見したいことですわ。
せっかく水着着てもらったけど、ちょっと窮屈そうなので脱がしちゃいましょうかね。すいません、言うほど水着フェチってわけでもないので……。

全裸にさせると、彼女のオマンコがお目見え。しっかり処理してるようで、ジョリ感は残るもののキレイなワレメちゃんがよーく見えます。

軽く指を触れてみると、びしょびしょというほどではないが、微かに湿り気を帯びている。

電マを一度どかし、舌を伸ばしてクリを刺激。

「ああっ――んんっ」と素人っぽい恥ずかしげな声と、マン汁がどんどん出てくる。

クリが感じるようなので、今度は電マをクリ、膣内を指で刺激してあげる。
みくちゃんの声のトーンも心なしか上がっており、攻めている最中シーツやこちらの身体をギューっと握りしめてくるのが超いじらしい。


散々攻めまくったところで、そろそろ攻守交代とさせてもらおう。
このタイミングでアイマスクも外していただく。

うん、特に誰に似てるとかではないが、かわいらしいお顔をしている。
超美少女!と言うほどではないが、いい意味でのシロート感があって良い。まるでつい最近、地方から出てきたばっかりみたいな雰囲気。

さんざっぱらプレイしといて、いざアイマスク取って対面すると、謎の気恥ずかしさがあるよな笑。はじめまして、みたいな笑。


とまれ、彼女に上に来てもらうよう促し、責めていただこう。

俺の上にまたがるように乗っかり、キスからスタート。

業界未経験嬢だし、キスはそこまでかな――と思っていたが、意外や意外、かなり舌を絡ませてくる情熱的なディープキスだ。

その上、彼女の爆乳が俺のカラダに押し付けられるもんだから興奮度は3割増し。

ブログ用_180827_0118

なすがままで厚めの唇と舌を味わっていると、小さく細い指で乳首をコリコリしてくる。

乳首が弱いことがバレたのか唇と舌を方を舐めていたらもう片方は指先でと、丁寧に責めてくれました。時折こちらの表情を伺ってくるのが小悪魔的。

「乳首弱いんだー、ほらほらどう?」

おい、急に立場が逆転したな。
雰囲気に似合わず、ちょっとSっ気があるのかこの子。

乳首を執拗に責め立てられました……こ、こいつ……!(嬉しい)


そんなんされたら我慢汁ダムは大崩壊です。先っちょから透明の粘液を出してるチンポを見て、指で触ったり鈴口をコリコリしてきたりとやりたい放題。

「ねえ、舐めてほしい?」

こんな小娘に言いなりになってていいのか。男子の尊厳はないのか。
プライドを持って、毅然とした態度でこう言ってやりましたよ。

「おちんちん舐めてくださいぃぃぃぃぃ~~~~~~~!!!!」(プライドとは)


カウパーでヌルヌルのチンポを嫌な顔ひとつせず、じゅっぽりと咥え込むみくちゃん。

ジュッポジュポと竿先をくわえて、口内でコロコロ転がすゆったりとしたおフェラ。なんとも形容しがたい気持ちよさだ。

こんな普ッ通ーの女子が、俺のきったねぇチンポしゃぶってるってだけで夢見心地ですよ。

玉舐めから、よだれをタラーっと垂らしたスケベフェラに戻り、再度キス、そして乳首を舐めながらの手コキ。


俺のチンポはもう限界なので、上に乗ってもらう。

騎乗位素股。

ローションを付けて、彼女の肉厚な股間が俺のチンポにジャストフィット。
手を添えない、ノーハンドの騎乗位素股を仕掛けてくる。

グチャグチャというお互いの性器が擦れる音と、みくちゃんの喘ぎ声がホテル内に響き渡る。

そして、何より彼女が動くたびにHカップ爆乳が上下左右にブルンブルンと揺れる。絶景。

その勢いでもげちゃったら困る(もげるか!)ので、しっかりとお手手で下から支え持ち上げるように揉みしだいていく。

チンポについたローションを軽く手にとり、彼女のおっぱい全体をローションで濡らしてあげると、さーらーに視覚的なエロさが倍増。巨乳×ローション、これ最強の方程式なり。

ヌルヌルおっぱいの乳首に触れると、「んっ」といいながら感じてくれる。しかし彼女は前後にズリュズリュと動き続けているので、俺のチンポもやばい感じになってきた。

まずい、めずらしく騎乗位でイっちゃいそうだ。

BlogPaint


びゅるっどびゅるるる~~~


ふう。
自分のお腹にそのまま発射。


ふきふきして、並んでお布団かぶって小休止。

ここで初めて、自己紹介というわけでもないけどお喋り。
わりと彼女のパーソナルなことも聞いたけど、あっけらかんと話してくれる。

そして何だか友達同士かのように、フランクに話しかけてくるのですごい楽しい。


そしてお喋りしてる間、ずーーーーーーっと乳首触ってくるのは何なんですか!!!?
マジでこの子、小悪魔!!!!

「お兄さん、また立ってきてるんだけど~笑」

くっっそ、俺もやられっぱなしは性に合わない。お互い乳首を触り合いながら、お休みの日何してるの~とか普通の会話してるのシュールすぎる。

自分の敏感ボディっぷりに涙が出る。



そんなこんなしてたら、向こうもテンション上がってきちゃったのか、

「ねえ、今度は上に来て……」

と二回戦のお誘い。


はい、喜んで!!!


さっきとはまた違う素股の感触! お察しください!!!


パンパンパンパンパン!!

グッドリズム!! グ――――ッドウィドゥム!!

201501271700027cf




ふう。



まさかのラストは瓦割り。
なんか不思議な子だったな~。楽しい時間でございました。

・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

00297132_girlsimage_05


射精勢い度(五段瓦評価) : 5
tile5a


※上の瓦は5段階評価をつけてます。そして瓦5個目が割れることも……(ヒビが入ると4.5)。それが何を意味するのかはみなさんのご想像にお任せします。 ですがプレイ内容等は主観で感じたもので、事実のみを書いています。 その点だけご了承して頂ければ幸いです。

※遊びに行った際、お店で「体験ブログ見た」と言って頂いてる神様のような読者様へ。ありがとうございます。その一言が、もっと多くの瓦割り娘のご紹介に繋がりますのでよろしくお願いします。
 
フーゾクDXはこちら♪

このページのトップヘ