風俗レポート「射精バカ一代」

読者ブログと銘打って頑張って頂いたこちらの情熱体液。スタミナ王子ことムジカル氏が射精障害だのインポテンツになっただの、バイアグラの購入代金がかさむので生活費を圧迫してだの等々...というのは表向きの理由で、実際は仕事の関係でブログ継続が難しくなってしまいました。ムジカル氏の後任は、デラックスと縁の深い元AV男優ライター大山マスカキ君(女性経験値豊富)がスルっとパンツを脱ぎ、ペンをチンに替えて女の子レポートをしてくれます。よりパワーアップした風俗体験ブログとして風俗遊びの参考にしてください。このブログは「半クラタコメーター」「情熱体液」と言った風俗における数々の歴戦の証であるため、風俗体験ブログのプラットフォームとして同じURLで継続させて頂きます。 しっとりと優しいティータイムのお供に。 ※あくまで大山マスカキ君が実際に遊んで感じたレポートになるので、すべてのプレイ内容を保証するものでは無いことをご了承下さい。チェストー! 三度の飯よりエロいことがしたい、三食抜いてでもエロいことがしたいという、脳みそがチンポにあるんじゃねえの?と思うくらい四六時中性欲に支配された元AV男優の風俗レポート。 侍は刀を常に磨いてさやの中におさめておく。抜かない。抜かないところに侍の価値がある。だが俺は抜く。いや、抜きまくる。もっと言えば戦う前からイってる。

00327050_girlsimage_01
オフィシャルHPはこちら
女の子詳細はこちら


前回バイトの話(落ちたけど)をしたのと、最近掟ポルシェ『男の!ヤバすぎバイト列伝』を読んだので、過去にやったバイトの話なんかをしようかと思う。

初めてのバイトは、上京してすぐの大学1年生、近所にあったサンクスの22-6時の深夜勤務だった。これは後にも先にも一番長く続いて、2年くらいやったろうか。引越しのタイミングで止む無く辞めた。めちゃくちゃユルくて、出勤したらまず届いている商品を品出しする。これが大体1~2Hくらい、そのあと今度はお弁当が来てまた品出し1Hで、この時点で深夜1時くらい。

そこから4時半頃に新聞・雑誌が来るまでなーーーーんにもすることがない。深夜は基本ふたり体制なので、ひとりはバックヤードで休憩して、もうひとりもレジ付近の事務所で廃棄弁当食ったり雑誌読みながら客が来たらレジ対応する。これを30分おきに交代して繰り返す。

5時過ぎになるとブルーカラー系の客が続々来るのでそれを対応してるうちに朝番の人がやってきて「お疲れ様でーす」みたいな感じ。休憩含めた8時間勤務の間、丸々3~4時間することないって最高すぎん?

バイトリーダー的ポジションだったUさんには一度も怒られたことがなかった。夜中お腹が減って勝手にフライドチキン作って、新商品のジュースを無銭で飲み食いしたときがバレたときも「それどう、美味しい? あ、チキン俺にも作ってよ」と、一切お咎め無しな上に仲間意識が芽生えた(※あとで同世代のバイト仲間と話したらみんなやってた。赤信号、みんなで渡れば怖くない!)。休憩時間になるといつも、裏でパチスロ雑誌読みながらタバコふかしてたUさん、元気にしているだろうか。

基本的に労働意欲が薄く(今もだが)、時間を何とかやり過ごして給料をもらうことに命をかけていた。なので掟さんのエッセイ、ダメな方向に超共感した。

バイト話は尽きない上にまだ引き出しあるので、今回はこれくらいにしておこう。


労働意欲は皆無、勤怠態度は最悪だけど、性欲だけは人一倍あるので今日も風俗に行った話をします!
今回遊んできたのは【ちぇっくいん横浜女学園】
image

お店のHP割引を利用して60分16,000円!(指名料2,000円含)

さらに45分の特別割引もあるのでチェック。このお店は来店時間によって料金が変動するので要注意。


さてお店の形態としては俗にいう【イメクラ】ってやつだ。痴漢や拘束、逆痴漢などのコースを自由に選べる。

更にこのお店のすごいところはコスチュームの数! リンク先を見てもらえば一目瞭然、実際の某学校で使われているモデルの制服がずらーーーーっと並んでいる。壮観。制服だけでなく体操服やアニコス、職業系制服などもあるので、好事家の人にはたまらんこってしょう。

……と言いつつ俺は今回コスチュームもイメクラっぽいコースも選ばなかったのだが。なにせ超タイプの子を指名しちゃったので、【Cコース:恋愛プレイ】でおうちデート気分でひたすらイチャイチャしたかったのだ。


関内駅から伊勢佐木モールへ歩き、一本入ったところにお店の受付がある。

平日の真昼間だっちゅうに、先客の初老のおじさんがいたので、しばし待機室で待たせていただく。

ブログ用_181016_0161

パリッとしたシャツを纏った店員さんに料金をお支払いし、近辺のホテル事情に疎いのでいくつか紹介していただく。

利用したのは横浜タウンホテル。値段忘れたけど3000円くらいだったと思う。ラブホというよりかはビジホですね。禁煙・喫煙室を選べるので、少しでもヤニ臭がダメな人はフロントに伝えましょう。

ブログ用_181016_0160

お店に部屋番号を連絡して待つこと10分ほど。コンコン。キマシタワー!  がちゃり。

「こんにちは、じゅんです。よろしくお願いします〜💕」

か・わ・い・い!!!!!

ショートカットにアッシュ系の茶髪。笑顔がキュートで、俺の好みど真ん中だ。

肌寒い日だったので、シングルのライダースを羽織ってるのも好感度高い。

とまれ中へ引き入れて、ベッドに腰掛けて雑談タイム。最初は天気やお仕事などの当たり障りないトークテーマからスタートし、徐々にパーソナルな話も聞いていく。

「お休みの日とかは何してるんですか?」
「本読んだり映画見たり、あと昔バンドやってた熱が再燃してきたから近頃はギター触ったりとか」
「わたしも昔ベースやってました!偶然〜」
「おっ、そうなんだ。好きなアーティストとかいるの?」
「世代じゃないから友達とかとは話し合わないんですけど、GLAYが一番好き!」

たしかにまだ20代前半でGLAYファンは珍しい。俺は特別ファンでもないけど「彼女の“Modern…”」とかコピーしたな。

と、共通の話題を見つけて(素股三四郎メソッド)盛り上がったところで、そろそろシャワーでも浴びましょうかいね。

業界未経験のシロートちゃんなので、部屋を軽く薄暗くしてから脱衣。ムードも出ますし。

しゅるるっと衣服を一枚一枚はだけていくと、彼女の美白肌が露わになる。美しや。

おっぱいはDカップとちょうどいいサイズで、乳首も大きすぎず小さすぎずのノーマルタイプ。
スレンダーという程ではないが、決して太くもない良い肉付きで、アソコは生やしっぱなしのナチュラルトレジャー(意味不明)。

先にお風呂入ってシャワー温度の調節とかしてたら、「ありがとう〜優し〜い✨」とお褒め頂きました。こういう細かくて姑息なポイント稼ぎが、のちのちボディブローのようにじわじわ効いてくるのよ。風俗に限らず、女性と接する時の常識だぞ。

ブログ用_181016_0162

シャワーで散々いちゃこらして、ベットで先に待つ。

タオル巻きでやってきた彼女の横に近付き、軽いキスをしながらタオルを外し、そのままゆっくりと仰向けに寝かしつけていく。

お互い少しだけ見つめあって微笑んだら、今度は濃いめのディープキッスへ。

舌と舌を絡ませて、彼女の唾液を嚥下して味わっていく。ほんのり甘みがあり、いつまでもキスを楽しんでいたい。

舌を絡ませながら耳元、そして首筋へ指を伸ばすとピクンと反応する。うむ、良き哉良き哉。

「じゅんちゃん、どこが感じやすいの?」
「わたしホント乳首弱くて……///」

C0rbT23UsAA1hVq
ではでは。
そのまま首筋→耳元→乳首へと舌を這わせていく。

小さすぎず大きすぎずのジャストサイズおっぱいに、綺麗な乳首。
乳輪周りから焦らすように、ゆ~っくりと責めていく。

段々と収縮していく乳輪、そしてすぐにコリコリに硬くなっていく乳首。いざ。

舌先でツンと乳首をつつくと「んっ、ん~……」と声が漏れるじゅんちゃん。

コロコロと口内で転がしたり、触れるか触れないかくらいで乳頭を刺激したり、側面をクルンクルンと。

俺に「乳首が弱い」という情報を漏らしたのが運の尽き、たっぷり左右交互を繰り返し舐めまくっていく。

乳首を舐めながらも脇腹や太もも、陰部周辺をさわさわとするいつもの責め方。ルーティンみたいになってるから、もう少し引き出し増やした方がいいんやろな……。貴方のおすすめテクニック情報、どしどしコメント欄で教えてくださいっ!


さて、リップ攻撃も徐々に下へ移動していき、ついに我々のオアシスakaおまんこへと辿り着いた。

指で触れるまでもなく一目瞭然、陰毛にびっちょりとスケベジュースがまとわりついている。
乳首が弱いという言葉に偽りはなかったようだ。ディモールトベネ。

「じゅんちゃん、ホントに敏感なんだね。すっごい濡れてるよ」
「やだ、恥ずかしいから言わないで!エッチ!」

顔を覆って超恥ずかしがる様子が最高にいじらしいぜ。その仕草、俺のS心をさらに刺激すると知ってか知らずか!

クリを触りながら再度キスを試みると、先ほどより激しめに自ら舌を滑り込ませてくるにゅるんにゅるんDK!!!!! エロスイッチが完全にONになったようだ。

時代劇とか見てるとキスのこと「口吸い」って言うけど、その単語がぴったりくるほど。どちらかといえば「舌吸い」か。


唾液を充分に味わった所で、次は下の唾液も……ね。
少しおしっこの匂いが漂う、スケベなおまんちょす。

ペロリンと舐めると、塩気のあるマン汁味が広がる……そしてこのマン汁味!(語彙力ゼロ)
BlogPaint
そのまま舌でクリを上下左右ローリングと、乳首と同じように責めてみる。
もう俺の唾液なのかマン汁なのか分からんくらいべっちょべちょッス。

舐めていくうちに、クリがコリコリに勃起していくのが一目瞭然。
一点集中。クリを唇で塞ぎ真空状態にし、ひたすらベロベロンと舐め続ける。

「ああ~、クリらめぇっ! んんンン……ッ!!!!」


執拗にクリ責めをし、攻守交代。

上に覆いかぶさってくじゅんちゃんは、もうすっかり欲求不満なので、舌を絡ませてのディープ接吻。

そして流れるように、乳首へ手を掛ける。

マン汁を飲むと勃起が収まらなくなるという、敏感ソーセージでも食ったんかというくらい反応が良くなる俺だが、乳首を触られると更にカウパーが出てしまうのよね……。
コリコリと乳首を優しく触れてくれると、お腹に透明なカウパー液がポタポタと落ちてくる感触が……恥ずい……。

IMG_2720

うふふと小悪魔的な微笑をたたえながら、舌先を第B地区へ。

舌先を尖らせて丁寧に舐めてくれ、そのまま下半身へ移動。

もう垂れ流し状態になった我慢汁をぺろぺろと舐めとってくれた後、ゆっくりと咥え始める。

亀頭中心に上下運動させるだけの淡白なフェラチオかと初めは思っていたが、段々と唾液多めのディープなストロークに変化し、手コキも交えたリズミカルなフェラチオへと。

うむ、未経験とは言えどフェラチオは過去仕込まれてきたのか上手。こんな美女に初めてフェラチオさせた男、来世は絶対に人間になんか生まれ変われないぞ!畜生か虫ケラが関の山だ!


すっごい気持ちいい……でも俺もじゅんちゃんの舐めたいな、とおねだりして69へ。

キレイなまんまるヒップを撫で回しながら、まるでポタポタと垂れてきそうなくらい濡れそぼったおまんこへ一心不乱でかぶりつく。

「ああっ、そんなに音立てて舐めないでぇ」

と言いつつ、時折快感で手が止まりながらもジュポジュポとフェラチオを続けてくれる。あー、人生最高の瞬間(大げさ)。


お互いの性器とスケベボルテージが上がったところで、そろそろ素股へ行きましょうか。

正→対騎→騎→後→正。

お互いの唾液で濡れた性器同士を擦り合わせていく。ぴちょんぴちょんと粘液の音が鳴り響いて大変にいやらしい。

亀頭をクリに擦り付け、彼女自身の入口付近をくちくちゅと刺激していく。やべーーめっちゃ◯◯◯してーーーー!

そんな気持ちが伝わったのかどうか、彼女の口から、

「ねぇ……して……?」

という言葉を引き出すことに成功。改めて言っておくが、俺は当blog記事内で一度も強要はしたことがない。合意の上。まあ何のことかは各々の胸で考えてください。また怒られて記事消したりするのイヤなんで。

何も纏わない状態で、密着度を高めていく。

「ああっ、気持ちいい……」

その言葉を聞けただけで、わざわざ横浜くんだりまで来た甲斐があるってモンよ。

身体を重ねながら、唇を合わせていく。KISSから始まる夜は熱く Because I loveyou...(突然のGLAY


じゅんちゃんのローションいらずマンコが俺のチンポにまとわりついてくる。
トロマンを感じながらおっぱいを優しく揉んだり、乳首をコリコリとつまんだり。ラジバンダリ。

「あ~ん、あんっ! あっあっ…気持ちいい……っ!」

眉間に皺を寄せて、全身で快感に身を委ねるじゅんちゃん。

そんなスケベな表情見せられたら俺のチンポも限界なので、ギュッと抱き抱えるようにして体位変更。

まんまるヒップのバックを楽しんだら、ラストは正常位へ。


「ああっ、じゅんちゃん、気持ちよすぎてもうイっちゃいそう」
「うん、一緒に、一緒にいこ?」

彼女の唇を奪いながら、全力で腰を振り続ける。


パンパンパンパンパン!!

グッドリズム!! グ――――ッドウィドゥム!!

201501271700027cf



ふう。

直前で腰を引いて、最後はお腹に発射。

もうタイマーも鳴った後だったので、急いでシャワーを浴びて部屋を出る。

ホテルを出てすぐのところにトラ猫がいたので、ふたりでかわいいねぇと戯れておりました。お皿置いてたし、ここで飼ってるか餌付けしてんのかな。

はー、じゅんちゃんとネコ飼って幸せな家庭を築きたい……至福の時間や……。

・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

00327050_girlsimage_03



射精勢い度(五段瓦評価) : 5
tile5a


※上の瓦は5段階評価をつけてます。そして瓦5個目が割れることも……(ヒビが入ると4.5)。それが何を意味するのかはみなさんのご想像にお任せします。 ですがプレイ内容等は主観で感じたもので、事実のみを書いています。 その点だけご了承して頂ければ幸いです。

※遊びに行った際、お店で「体験ブログ見た」と言って頂いてる神様のような読者様へ。ありがとうございます。その一言が、もっと多くの瓦割り娘のご紹介に繋がりますのでよろしくお願いします。
 
フーゾクDXはこちら♪

00297132_girlsimage_01
オフィシャルHPはこちら
女の子詳細はこちら


先日、友人に「理想のライフスタイルを送っている人物は誰か」という質問をされてパッと思い浮かばなかったんですが、後から考えてみると俺の理想は今日泊亜蘭先生かなあ、と。

定職につかない所謂「高等遊民」で、好きなことだけを研究し続けるのはかなり理想。まああくまで憧れであって、足元どころか地中100mくらいにも及ばないのは自明ですが。

俺も一時期「高等遊民」とまではいかなくとも、定職につかず毎日フラフラとしている時期があった。とはいえさすがに遊ぶ金は多いほうがいい。そして楽しいほうがいい。

というわけで近所の区民プールが監視員を募集していたので、面接に向かったのだ。毎日水着JS・JCを眺めて金子が貰えるの最高すぎでは?(40overは溺れてようが全力で無視)

面接官はいかにもスポーツマン、みたいな筋骨隆々・逆三角形の兄ちゃんだった。面接とは言ってもいつから出られるか、週どれくらい入れるか、泳ぎは達者か、など簡単なものばかり。俺は週4でも週5でも、と答えてこりゃ受かったも同然やろ――と高を括り、合否が出る前に帰り道で回転寿司を喰ったことだけ覚えてる。

まあ結果落ちたんですけど。
なんでや! 世○谷区民プール! 俺の邪な気持ちが見透かされていたとしか思えない……。

そんな悔しさを取り戻すために、
今回遊んできたのは、池袋にある【コーチと私とビート板】ですっっ!!

image

「生徒へセクハラコース」75分で18,500円!!!
(内訳:75分16,500円+指名料2,000円)

新規の方は特別割引を利用するのがオススメ。


というわけで、受付へ向かい料金を支払ったら、コスチュームや発射回数などをチョイス。今回は競泳水着にしてみました。水着の種類だけでも尋常じゃない量があるので、水着フェチの人はカタログ見てるだけでウンウン唸りそう笑。

cdcaca36

電マとイソジン・グリンスを受け取ったらいざホテルへ。

利用したのはチェックインバリ。
ショートタイム130分で2,970円なり。お釣りの30円で何をするのか、その使い方は無限大!(そうか?)

ブログ用_181011_0159

入室したらまずはお店に電話。部屋番号を伝えたら女性が来るまでにクロスアウツして、タオル巻き状態で待機。まあ全裸でもいいんですけどね。

女性が来たら対面しないようにドアを少しだけ開けて、先方が着替えたり準備してる間にひとりでシャワーへ――という、まあ何度も遊んでる店なので勝手知ったるモンでございます。

タオル巻き状態でぼーっと待つのもアレなので、適当にチャンネル回してたらMXでシティハンターやってました。1期のほうね。

ブログ用_181011_0157

というわけで「Get Wild」を本気で歌いまくっていたらコンコンというノックの音が。来ましたね。どんな子が来るのかしらね……遼ちゃんも思わずモッコリ。

ドアを少しだけ開けると「シャワーお願いします」と促されるので、そのままバスルームへ。受付でもらったイソジン・グリンスを使って入念に身を清めたら、体を拭いて部屋へと戻る。

薄暗い中にヴーンという電マの振動音と、微かではあるが彼女の呼吸音が聞こえてくる。


ベッドに近づくと、指定した競泳水着を纏い、アイマスク姿で電マを股間に押し当てているみくちゃんの姿が。おいおい、待ちきれなくてオナニーしちゃってたのかい!!!?(※基本システムです

まずはまじまじと彼女が自慰に耽る様子をガン見させていただく。
そして、大股開いて電マを当てている彼女の太ももをスーッと指でなぞっていく。

「んっ!」

と、触れられたことによる驚きとくすぐったさとゾワッとする感覚からか、ビクンと身体を跳ねるように反応する。敏感さんですな。

水着の上からワレメへと指を沿わせていく。
うっすらではあるが、湿り気を帯びている。クリは自分で触っても濡れちゃうほど弱いってことですな。ちぃ、おぼえた(CV:田中理恵)。


とりあえずクリは彼女自身に任せるとして、俺はおっぱいのほうを弄らせてもらおうかいね。

わりとタイトな水着なので、少しだけ乳首が浮いているのが見て取れる。うむ、触る際に一目瞭然で助かります。

腰元からおっぱいへと指を滑らせていく。
いきなり乳首には触れず、まずは乳輪周りを焦らすようにグルングルンと触れていく。水着のスベスベが気持ちいいね。

たっぷり焦らしたところでチョンと乳頭に触れる。

「んっ……くっ……」

乳首も感じやすいようだ。これは直接触るしかないな。
水着の肩紐をずらし、おっぱいだけ露わにさせようとする。

するるっ――――ぼろんっ。

でかい。

お店プロフにHカップと書いてあるのは見ていたが、いざ実際目の当たりにすると衝撃的な大きさだ。この水着、さぞや窮屈だったことだろう。着ているときはここまでの爆乳だとは全く知り得なかった。びっくり箱みたいに、開けた瞬間ボヨヨーン!(オーケンの声で)



両胸を水着から出し、寄せるように揉みしだいてみる。

ふよんふよん。

もうね、ドモホルンリンクル使ってるのかなってくらい手の平にしっとり吸い付いてきますよ。
そして何よりこの柔らかさよ。いつまでも揉んでいたいほどの心地よい柔らかさ。無印良品に「人をダメにするソファ」みたいの売ってますけど、みくちゃんのそれは「人をダメにするおっぱい」ですよ(意味不明)。

思わず胸の間に顔を埋めてしまいましたよ。

もうこんなおっぱい眼の前にしたら、次はアレしてこーして……みたいに組み立てていたプレイの流れなんかすっ飛んでしまう。本能の赴くまま、その巨大な双丘にむしゃぶりつくほかない。

乳首は大きくも小さくもないノーマルサイズ。乳輪は色素薄めのピンク色。

手のひらをいっぱい開いて掴むものの、Hカップの爆乳は収まりきらずこぼれてしまいそう。

乳首も感度が良いらしく、くねくねと全身で快感の反応を見せてくれる。


さて、そろそろ下の方も直接拝見したいことですわ。
せっかく水着着てもらったけど、ちょっと窮屈そうなので脱がしちゃいましょうかね。すいません、言うほど水着フェチってわけでもないので……。

全裸にさせると、彼女のオマンコがお目見え。しっかり処理してるようで、ジョリ感は残るもののキレイなワレメちゃんがよーく見えます。

軽く指を触れてみると、びしょびしょというほどではないが、微かに湿り気を帯びている。

電マを一度どかし、舌を伸ばしてクリを刺激。

「ああっ――んんっ」と素人っぽい恥ずかしげな声と、マン汁がどんどん出てくる。

クリが感じるようなので、今度は電マをクリ、膣内を指で刺激してあげる。
みくちゃんの声のトーンも心なしか上がっており、攻めている最中シーツやこちらの身体をギューっと握りしめてくるのが超いじらしい。


散々攻めまくったところで、そろそろ攻守交代とさせてもらおう。
このタイミングでアイマスクも外していただく。

うん、特に誰に似てるとかではないが、かわいらしいお顔をしている。
超美少女!と言うほどではないが、いい意味でのシロート感があって良い。まるでつい最近、地方から出てきたばっかりみたいな雰囲気。

さんざっぱらプレイしといて、いざアイマスク取って対面すると、謎の気恥ずかしさがあるよな笑。はじめまして、みたいな笑。


とまれ、彼女に上に来てもらうよう促し、責めていただこう。

俺の上にまたがるように乗っかり、キスからスタート。

業界未経験嬢だし、キスはそこまでかな――と思っていたが、意外や意外、かなり舌を絡ませてくる情熱的なディープキスだ。

その上、彼女の爆乳が俺のカラダに押し付けられるもんだから興奮度は3割増し。

ブログ用_180827_0118

なすがままで厚めの唇と舌を味わっていると、小さく細い指で乳首をコリコリしてくる。

乳首が弱いことがバレたのか唇と舌を方を舐めていたらもう片方は指先でと、丁寧に責めてくれました。時折こちらの表情を伺ってくるのが小悪魔的。

「乳首弱いんだー、ほらほらどう?」

おい、急に立場が逆転したな。
雰囲気に似合わず、ちょっとSっ気があるのかこの子。

乳首を執拗に責め立てられました……こ、こいつ……!(嬉しい)


そんなんされたら我慢汁ダムは大崩壊です。先っちょから透明の粘液を出してるチンポを見て、指で触ったり鈴口をコリコリしてきたりとやりたい放題。

「ねえ、舐めてほしい?」

こんな小娘に言いなりになってていいのか。男子の尊厳はないのか。
プライドを持って、毅然とした態度でこう言ってやりましたよ。

「おちんちん舐めてくださいぃぃぃぃぃ~~~~~~~!!!!」(プライドとは)


カウパーでヌルヌルのチンポを嫌な顔ひとつせず、じゅっぽりと咥え込むみくちゃん。

ジュッポジュポと竿先をくわえて、口内でコロコロ転がすゆったりとしたおフェラ。なんとも形容しがたい気持ちよさだ。

こんな普ッ通ーの女子が、俺のきったねぇチンポしゃぶってるってだけで夢見心地ですよ。

玉舐めから、よだれをタラーっと垂らしたスケベフェラに戻り、再度キス、そして乳首を舐めながらの手コキ。


俺のチンポはもう限界なので、上に乗ってもらう。

騎乗位素股。

ローションを付けて、彼女の肉厚な股間が俺のチンポにジャストフィット。
手を添えない、ノーハンドの騎乗位素股を仕掛けてくる。

グチャグチャというお互いの性器が擦れる音と、みくちゃんの喘ぎ声がホテル内に響き渡る。

そして、何より彼女が動くたびにHカップ爆乳が上下左右にブルンブルンと揺れる。絶景。

その勢いでもげちゃったら困る(もげるか!)ので、しっかりとお手手で下から支え持ち上げるように揉みしだいていく。

チンポについたローションを軽く手にとり、彼女のおっぱい全体をローションで濡らしてあげると、さーらーに視覚的なエロさが倍増。巨乳×ローション、これ最強の方程式なり。

ヌルヌルおっぱいの乳首に触れると、「んっ」といいながら感じてくれる。しかし彼女は前後にズリュズリュと動き続けているので、俺のチンポもやばい感じになってきた。

まずい、めずらしく騎乗位でイっちゃいそうだ。

BlogPaint


びゅるっどびゅるるる~~~


ふう。
自分のお腹にそのまま発射。


ふきふきして、並んでお布団かぶって小休止。

ここで初めて、自己紹介というわけでもないけどお喋り。
わりと彼女のパーソナルなことも聞いたけど、あっけらかんと話してくれる。

そして何だか友達同士かのように、フランクに話しかけてくるのですごい楽しい。


そしてお喋りしてる間、ずーーーーーーっと乳首触ってくるのは何なんですか!!!?
マジでこの子、小悪魔!!!!

「お兄さん、また立ってきてるんだけど~笑」

くっっそ、俺もやられっぱなしは性に合わない。お互い乳首を触り合いながら、お休みの日何してるの~とか普通の会話してるのシュールすぎる。

自分の敏感ボディっぷりに涙が出る。



そんなこんなしてたら、向こうもテンション上がってきちゃったのか、

「ねえ、今度は上に来て……」

と二回戦のお誘い。


はい、喜んで!!!


さっきとはまた違う素股の感触! お察しください!!!


パンパンパンパンパン!!

グッドリズム!! グ――――ッドウィドゥム!!

201501271700027cf




ふう。



まさかのラストは瓦割り。
なんか不思議な子だったな~。楽しい時間でございました。

・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

00297132_girlsimage_05


射精勢い度(五段瓦評価) : 5
tile5a


※上の瓦は5段階評価をつけてます。そして瓦5個目が割れることも……(ヒビが入ると4.5)。それが何を意味するのかはみなさんのご想像にお任せします。 ですがプレイ内容等は主観で感じたもので、事実のみを書いています。 その点だけご了承して頂ければ幸いです。

※遊びに行った際、お店で「体験ブログ見た」と言って頂いてる神様のような読者様へ。ありがとうございます。その一言が、もっと多くの瓦割り娘のご紹介に繋がりますのでよろしくお願いします。
 
フーゾクDXはこちら♪

00263107_girlsimage_01
オフィシャルHPはこちら
女の子詳細はこちら


学生時代のことを書く。
特に大学に行きたいわけでもなかったが、親を手っ取り早く説得できて上京する方法として最適だったのは進学だ。地方の片田舎で18年育ち、街自体のどん詰まり感と閉鎖性にはほとほとウンザリしていたので、一刻も早く離れたかったのだ。

憧れであった華の大都会・東京。
最初に住んだのは多摩地区であった。東京都下、周りは木々生い茂る地域で想像していた東京像とはかけ離れていたが、電車に乗れば都心まで1時間かからないのでそれなりに満足していた。

その頃、もっぱら遊んでいたのは八王子か立川。特に後者が多かった。

WINSでおっさんたちに混じって一喜一憂し、オリオン書房でハヤカワSFの新刊を買い、ペンタでバンド仲間と朝までスタジオ練に入り、バベルで初ライブをしたり、フロム中武のボークスでFSSの模型を眺めたりする日々を送っていた。大学で初めてできた彼女とデートしたのも、立川シネマシティだった。
ついでに言うと、初めて行った風俗も、先輩に連れて行かれて奢ってもらった立川のピンサロだったな。

そんな青春時代とともにあった街・立川へと久々に降り立った。
【実録!熟女の風俗最終章 立川店】!!!

image

DXの特別割引を利用して、90分10,995円!!!

JR立川駅へと降り立つ。
ウン年ぶりに来たが、変わらねぇなぁこの街も……どうした、付け合わせのミックスベジタブルを見るような目で俺を見やがって(突然のハンバーグ師匠)。

まあでも本当に変わらないっすね。北口方面へは時間の都合で行けなかったが、南口はマジで変わってなかった。スタジオ練のあとよく食べてたラーメン「立川や」は、リフォームしておしゃれになってたくらいか。

今回利用したホテルはファビュラス。2H5,800円でした。こんなところあったのか、知らなかった。ラブホによくある小窓からお金を受け渡しするタイプではなく、一般ホテル同様にフロントに立ってるスタッフにお支払い。綺麗なお姉さんで恥ずかしい……お姉さんも混ざらない?(たぶんムッとされる)

ブログ用_181010_0154

値段の割には狭いなおい。ま、キレイだから許そう。

お店へ到着連絡をして待つこと10分弱。コンコン。

「はじめまして~しょうこです。本日はよろしくお願いいたします」

あら、かわいらしい。40代半ば~後半くらいの、子育てもちょっと落ち着いたので、スケベなアルバイトを……といった雰囲気。
元気な奥さまって感じっすね。誰に似てるかはちょっと俺の引き出しからは出てこなかった。

長丁場なのであまり焦らず、おしゃべりタイム。バスタブのある部屋だったので、お湯貯めてる間にね。
若干会話が噛み合わないところもあったが(笑)、基本的に元気でよう喋るんで楽しい。ロングコースの客が多いのも納得。

お仕事歴はこの業界にしては長めで3,4年ほど。
お住まいは立川ではないものの、そんなに遠くない場所だそう。こっちの方に住んでる人って、立川・八王子で買い物が事足りちゃうから、あまり都心には出てこないイメージ。実際、

「蒲田の最終章では遊んだことあるけど、立川は初めて」
「蒲田? 蒲田って東京だっけ?」

と笑。単純にしょうこさんの地理力がなかった問題もあるが笑。

まあルミネもビックカメラもあるし、ちょっと足を伸ばせばららぽーとやイケアなんかもありますもんね。わざわざ新宿とかまで行く必要性を感じないわな。

そうこうしてる間にお風呂の準備ができたようだ。
さてお風呂行きましょうか、ということでお互い脱衣。

いい感じ。

おっぱいは小ぶりであるが、垂れることなくきれいな形をしておられる。
うむうむ。

マン毛も素人奥様らしく、そこそこ濃い目なので好事家にはもってこいであろう。

シャワーに入り丁寧にボディソープでウォッシング。
しかし手足がスラッとした美熟女さんでござぁますなぁ。

胸、背中、腕などくまなく洗ってもらい、手の平を洗うときには軽いマッサージまでしてくれる。
泡を洗い流し、二人で湯船に浸かる。

S__2523149

散々イチャイチャしたらベッドへ。
もう我慢できない。たまらん。しょ~うこすゎぁ~~~ん!!!(山田康雄の声で)

lupin_dive

横たわるしょうこさんにキス。
舌を絡めるようなDKではなく、唇を長い間重ねる恋人同士のような。

徐々に舌先で、彼女の歯や舌をつついたりして弄んでいく。

唇を離して数秒見つめ合ったら、首筋へのリップを。

首筋へツツツーと舌を這わせると「んん……ふぅ……」と吐息混じりの喘ぎが軽く漏れてくる。子持ちの奥様だろうがそこはオンナ。スケベな責めにはリアクションしてしまうのね。

軽く乳首を撫でたりつまんだりしていると、悩ましげな喘ぎ声もどんどん漏れ出てくる。
タオルを外し、おっぱいをはだけさせるような状態にさせ、コリコリになっている乳首をぺろぺろ。

「んんっ……あっ……はあ……!」

キユ~と固くなってきた乳首を一心不乱に舐めまくる。

そして乳首を責めてる最中も、俺のチンポをさすったりしてきてイケない奥さんだ。

そろそろ仕上がってきたであろう所で、脇腹や太ももを経由しながら下へと手を伸ばす。

熱帯雨林をかき分けてオアシスへ。渡りに船、オマンコにマン汁!

ヌルっとした感触が指先に伝わる。
しょうこさんめちゃくちゃ濡れてますよ……と不敵な笑みで話しかけると、んーんーいいながら恥ずかしそうに顔を覆う。かわいらしい。

まずは舌全体でマン汁を舐めとるように割れ目をペロンとし、ゆーっくりと責めて行く。

その度、小刻みにピクンピクンと彼女の身体が反応する。
舐めてくださいと言わんばかりに自己主張しまくってる充血クリトリスへ攻撃を一点集中。ただ舐めるだけではなく、左右前後上下、コナミコマンドの要領で。

「ああ~~~気持ちいい~~~……!!」


攻守交代。

受身タイプなのであんまり責めには自信ない、とは本人の弁だが、さて如何に。

まずは軽いキスから乳首舐め。

舌で舐められるだけですぐ感じちゃうので、もうチンポがビンビン。

空いてる方の乳首は、よだれで濡らした指で触ってくるという一番好きな責められ方。ちゅっちゅと音を立てながら舐めてくれるのがまたエロい。

乳首を舐められながら、彼女の背中をススーッとなぞると「んっんん……」という子犬みたいな声が。全身感じやすいみたいっすね。

そのまま下へさがり、根本までしっかり咥え込むハード系フェラ。てか全然責め上手じゃないの! ノーハンドフェラしながらの両乳首触りとか、俺が一番好きなやつですよ!!

「しょうこさんすっごい吸い付き……気持ちいいよ……」

吸引力強めのぎゅぽぎゅぽフェラで、この勢いでチンチンが長くなったりしたら一石二鳥なのになーと益体もないこと考えていたら危うく暴発しそうになった。余計なこと考えるんじゃないよ!

チンポ全体がしょうこさんの唾液でコーティングされた所で、キスを求める。チンポを握ったままDK、そしてそのまま上へ乗ってもらう。


騎→正。

ローション要らずのトロマンと、唾液たっぷりのチンポをワレメに合わせていく。るでパズルのピースがはまるかの如く、ピッタリと吸い付く。

さっきまであんなに控えめな声で喘いでいたのに、素股体勢になった途端に声のボリュームが一気に跳ね上がるしょうこさん。

「はあっああっ! あっあっあっあ~ん!!」

天然ローションでびっちょびちょになったオマンコで、しょうこさん自身が尻を打ち付けるようにスパンスパンと。エロ奥様+素人=超スケベ、の方程式。

旦那さん、あなたのお姫様は誰かと腰を振ってるわ……。


お尻をぐっと掴むように持ち、下から突き上げるようにするとさらに鳴く鳴く。

体位変更。

最初っから全力の前後運動で、腰を振る度にしょうこさんの水脈からドスケベ水が湧き出てくる。人間の身体って不思議ですね(ニッコリ)。

いや、しっかしすごい圧だ。こいつはやべえ。




パンパンパンパンパン!!

グッドリズム!! グ――――ッドウィドゥム!!

201501271700027cf




ふう。 
 
 



ドビュルルルルル!!!



ふう。



大量発射。

割と時間が余ったので、一旦シャワー浴びてチルして行けそうならもう一回戦しましょうか――と言ってくれたのだが、一服しながらお喋りしてたら盛り上がっちゃって時間なくなったwww

・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

色気よりもキュートさが前面に出ている奥様なので、「スケベ妻にめちゃくちゃされたい!」というよりかは、気になるママ友と昼下がりの情事――といった雰囲気かもしれない。

00263107_girlsimage_02



射精勢い度(五段瓦評価) : 5
tile5a




※上の瓦は5段階評価をつけてます。そして瓦5個目が割れることも……(ヒビが入ると4.5)。それが何を意味するのかはみなさんのご想像にお任せします。 ですがプレイ内容等は主観で感じたもので、事実のみを書いています。 その点だけご了承して頂ければ幸いです。

※遊びに行った際、お店で「体験ブログ見た」と言って頂いてる神様のような読者様へ。ありがとうございます。その一言が、もっと多くの瓦割り娘のご紹介に繋がりますのでよろしくお願いします。
 
フーゾクDXはこちら♪

このページのトップヘ